男性が「コレって脈アリ?」と思うLINE・メール9パターン


相手の気持ちがわからないときは、思い切ってアプローチしにくいもの。逆に自分に気がありそうだと感じているときは、大胆な行動がしやすくなるもの。これはきっと男性にも当てはまるでしょう。日常の連絡手段であるLINE・メールにおいて「僕に気があるのかも」と思わせることができれば、男性の方からアプローチしてくれるかもしれません。ということで今回は、スゴレン読者の男性に、どんなLINE・メールをもらったとき、「コレって脈アリ?」と思うのか聞いてみました。

  • 【1】ハートの絵文字が入っているメール

    ハートマークを使って、男性に気があることをアピールするパターンです。「嫌でも意識する魔法のマーク」(30代男性)、「誰にでも使うわけではないと思うから・・・」(10代男性)のように、ハートマークを意識する男性は多いようです。ただし、あまりハートマークを多用し過ぎるとありがたみが薄れてしまう恐れがあるので、一通のメールに1つにするなど最初は控えめに使った方がいいかもしれません。

  • 【2】男性をあだ名で呼ぶメール

    男性をあだ名で呼ぶことで、二人の距離が縮まったことをアピールするパターンです。「友達だと思ってくれていると感じて嬉しい」(20代男性)のように、仲良くしようという気持ちが伝わってくるという男性も多いです。ただし、出会って間もないときに、いきなりあだ名で呼ぶと、なれなれしいと思われる恐れがあるので「あだ名で呼んでいい?」と聞いてからにするとよりいいでしょう。

  • 【3】「おはよう」「おやすみ」などの挨拶メール

    朝と夜に挨拶メールを送ることで、男性に自分の存在を意識させるパターンです。「『おはよう』だけのメールでも、朝起きたとき僕のことを考えたのかなと思ってしまう」(10代男性)のように、「挨拶メールの前に、自分のことを考えてくれていたのかな」と思うのでしょう。ただし、毎日「おはよう」「おやすみ」だけのメールを送るだけでは飽きられてしまう恐れもあります。挨拶と一緒に、その日にあったエピソードなどを交えるとより男性の印象に残りやすくなるでしょう。

  • 【4】遊びに行ったときの満面の笑みなど、かわいい写メ付きのメール

    写真付きのメールでアピールするパターンです。「自分が何をしているのかを知って欲しい感じが伝わってくる」(10代男性)のように、自分のことをもっと知って欲しいという思いが伝わってくるという意見がありました。ただ、一方的に可愛く撮れた写真を送り続けるだけだと、「ちょっとナルシストなのかも・・・」と思われてしまう恐れがあります。例えば、どこに行ったのか分かる写真を撮って、「今度は一緒に行こうね」と言葉を添えるなどの工夫をした方がいいのかもしれません。

  • 【5】恋人がいないなど、プライベートな悩み相談メール

    個人的な相談をすることで、男性に「頼りにされている」と感じさせるパターンです。「二人で会えない人には、悩み相談をしないと思うから」(20代男性)のように、頼りにされることを嬉しく感じさせると同時に、「気があるのかな?」と意識させることができるでしょう。ただし、職場の人間関係など複雑な問題は男性が答えにくいので、「恋人がいなくてさみしい」など相談に乗りやすい内容を選ぶといいでしょう。

  • 【6】感動した出来事などの報告メール

    映画を見て感動したことなど、仕事や学校以外の出来事を報告するパターンです。「業務連絡以外の情報が入っていると、それだけでテンションがあがる!」(30代男性)のように、男性に対して印象に残りやすくなります。ただし、天気の話などの世間話はスルーされてしまう恐れがあるので、感動した出来事など自分のことを知ってもらいやすい話題を盛り込む方がよいでしょう。

  • 【7】「○○に似てる!」など、男性を冗談っぽくイジるメール

    冗談っぽくイジるメールで、男性に親近感を抱かせるパターンです。「イジられることでメールのやり取りが増えて仲良くなる」(10代男性)のように、イジられるのが好きな男性は喜ぶようです。ただし、それが嫌な男性ももちろんいるので、普段の会話や友達との付き合い方を見て、喜びそうな男性にのみ使うようにしましょう。

  • 【8】男性をもっとよく知るために文章の最後を疑問形にしているメール

    メールの最後を「?」などを使って疑問形にすることで、男性に興味を持っていることをアピールするパターンです。「僕に興味を持ってることが分かって嬉しい」(10代男性)、「メールを終わらせたくないんだなって伝わってくる!」(10代男性)のように、自分に興味を持っていると感じさせることができるでしょう。疑問形のメールを送れば、返信をもらいやすくなりますが、あまりにも多いと返信が面倒になってしまうかもしれません。男性の反応をうかがいつつ、疑問形を使ったメールの往復は2?3回くらいに留めておいた方が安心です。

  • 【9】「今日、どっかいこうよ!」という突然のお誘いメール

    何の前触れもなくデートの誘いをすることで、男性をドキっとさせるパターンです。「こっちの都合を考えず誘われることで、二人の関係が縮まったことを意識する」(20代男性)のように、二人で気軽に会える間柄になったと感じさせることができるかもしれません。ただし、突然の誘いはやむを得ない理由で断られる恐れがあります。もし断られてもガッカリせずに「じゃ、いつだったらいい?」と二人で会う日を相談すれば、二人の距離がグッと縮まるかもしれません。

今回ご紹介した中に、使えそうなものはありましたか? また、他にはどんなLINE・メールを送ると男性は「コレって脈アリ?」と感じるのでしょうか。みなさんからのご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock