「コレって脈アリ?」と男性をドキッとさせるLINE9パターン


気になる男性がいるなら、日常のLINEのやりとりのなかで、少しずつ好意をほのめかして、距離感を探りたいもの。「あれ、もしかして…俺のこと好きなの?」と思わせるアプローチには、いったいどんなものがあるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者の皆さんに聞いた意見を参考に、「『コレって脈アリ?』と男性をドキッとさせるLINE」をご紹介します。

  • 【1】ハートの絵文字が入っているLINE

    「誰にでも使うわけではないと思うから…」(10代男性)というように、ハートマークの意味を深読みしてしまう男性は多いようです。ただし、あまり多用し過ぎるとありがたみが薄れてしまうおそれがあるので、使うなら一日一回にするなど、頻度は決めておいたほうがいいかもしれません。

  • 【2】男性をあだ名で呼ぶLINE

    「親しい間柄だと認識されているみたいで嬉しい」(20代男性)というように、あだ名で呼ぶことで親近感が伝わりやすくなるようです。とはいえ、出会って間もないタイミングでは、なれなれしいと思われる可能性もあるので、先に「あだ名で呼んでいい?」と聞いてからにしましょう。

  • 【3】「おはよう」「おやすみ」などの挨拶LINE

    「『おはよう』の一言しかなくても、朝起きたとき僕のことを考えてくれたのかなと思ってしまう」(10代男性)というように、シンプルな挨拶の言葉から好意を予感する人もいます。毎日「おはよう」「おやすみ」を繰り返すだけでは単調になってしまうので、「おはよう。月曜だけど頑張ろうね!」などともう一言添えると印象に残りやすくなるでしょう。

  • 【4】笑顔でパフェを食べようとしているシーンなど、かわいい自撮り付きのLINE

    「自分が何をしているのかを知って欲しい感じが伝わってくる」(10代男性)というように、自撮り写真を添えたLINEからも、強いアピールが伝わるようです。かわいく撮れた写真を一方的に送り続けるだけだと、「ナルシストなのかも…」と敬遠されてしまうので、居場所が分かる写真も添えて「今度は一緒に行こうね」などと告げるといいかもしれません。

  • 【5】「転職しようか迷ってる…」など、プライベートな悩み相談LINE

    「信頼していない人には、悩み相談をしないと思うから」(20代男性)というように、女性に頼りにされることで、「自分に気があるのかな?」と意識してしまう男性は多いようです。家族の事情などデリケートな問題では相手も応えにくいので、「仕事の悩み」など、相談に応じやすい内容を選ぶといいでしょう。

  • 【6】感動した出来事などの報告LINE

    「業務連絡以外の情報が入っていると、それだけでテンションがあがる!」(30代男性)というように、「不要不急の要件」をわざわざ伝えるのも印象に残りやすいようです。とはいえ、「今日の天気」などの、あまりに無難な世間話ではスルーされてしまうおそれがあるので、感動した出来事など自分のことを知ってもらいやすい話題にするとよいでしょう。

  • 【7】「○○に似てる!」など、男性を冗談っぽくイジるLINE

    「イジられることでLINEのやり取りが増えて仲良くなる」(10代男性)というように、コミュニケーション能力に自信があるなら、相手を上手にイジってあげるのもいいようです。ただし、それが嫌な男性ももちろんいるので、普段の会話や友達との付き合い方を見て、相手のタイプを見極めましょう。

  • 【8】相手の情報を引き出すために、文章の最後を疑問形にしているLINE

    「やりとりをしばらく続けたいんだなって伝わってくる!」(10代男性)というように、あえて「疑問形」の文章を送ることで、相手に興味を持っていることを察してもらう手もあります。質問ばかりしすぎても面倒に思われてしまうので、加減はわきまえたいところです。

  • 【9】「今日、どっか行こうよ!」という突然のお誘いLINE

    「こっちの都合を考えず誘われると、意外に自分たちの関係って近いのかも?とドキッとします」(20代男性)というように、急なお誘いから「気軽に会える間柄」を意識させるパターンです。もし断られてもガッカリせずに「じゃ、いつだったらいい?」と仕切り直しを相談すれば、距離がグッと縮まるかもしれません。

今回ご紹介した中に、使えそうなものはありましたか?皆さんからのご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock