彼氏が元気になるお世辞9パターン


「言わなくてもわかるでしょ」という“手抜き”が彼氏との別れを招くことがあります。恋愛を長続きさせるためには、サービス精神が大事です。たとえワザとらしく聞こえても、定期的に彼氏が喜ぶようなことを言ってあげたいところです。そこで今回は、「彼氏が元気になるお世辞9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「あなたが一番かっこいい」など、容姿を褒める。

    「かっこいい」は、もっとも使いやすいお世辞であり、多くの男性を喜ばせるチカラを秘めています。彼氏に対しては、「あなたが一番」と付け加えてあげましょう。シンプルな言葉なのに、彼氏は無性にうれしくなるでしょう。ただし、陰でアイドルやイケメン俳優に夢中になっていることを知られると、説得力がなくなるので注意が必要です。

  • 【2】「やっぱりやさしいね」など、性格を褒める。

    性格に対する褒め言葉は彼氏を喜ばせるチカラが抜群です。とくに、多くの男性は基本的に「女性はやさしい男性が好き」だと思っているので、彼氏が何かをしてくれたら「やさしいね」と言うことで喜んでもらえるでしょう。逆に、褒めないとスネることもあるので、いつも彼氏のやさしさには気づけるようにしたいところです。

  • 【3】「他の人とは違うよね」など、特別視していることを伝える。

    他の男性より優れていると伝えれば、彼氏の自尊心を刺激することができるでしょう。仕事の価値観や趣味へのこだわり方など、彼氏が真剣に何かに打ち込んでいるときに言ってあげたい言葉です。一方、個性的なところが見当たらない、何もかもがフツーな彼氏には「真面目なところが素敵」と言ってあげるのが良いでしょう。

  • 【4】「仕事、大変そうだね」など、日々の頑張りをねぎらう。

    ストレス社会で働く男性にとって、自分のことを気遣ってくれる女性が女神に見えることもあるでしょう。「大変そうだね」、「大丈夫?」、「無理しないでね」など、たった一言のねぎらいが男性を癒やすこともあります。反対に「暇なの?」と言うと、バカにされている気分になる場合もあるので注意が必要です。

  • 【5】「甘えていいよ」など、寛大な母性をアピールする。

    包容力を感じさせる女性の発言に弱い男性もいるようです。彼女に「甘えていいよ」や、「私の前では弱さを見せてもいいよ」と言われたら、男性は思わず抱きつきたくなるでしょう。言いすぎるとただの甘えん坊になってしまう可能性もあるので、彼氏が疲れているときなどに限って伝えた方が良いでしょう。

  • 【6】「漢字の読み方を教えて?」など、彼氏に頼る。

    女性に「お願い!」と言われるとテンションが上がる男性もいるようです。お願いしてばかりではウザいと思われますが、負けず嫌いで自分で何でもできる女性こそ、ときには彼氏に頼ってみてはいかがでしょうか。頼られることが好きな男性は多いので喜んでくれるでしょう。

  • 【7】「ちょっと太ってるくらいが、安心感がある」など、コンプレックスを褒める。

    コンプレックスに感じていることを褒めると、相手は救われた気分なることがあります。彼氏が自分の容姿を気にしていたり、口下手などの性格で悩んでいる場合など、「そこがいいんじゃん!」と言ってあげると、ありがたいと思ってもらえるでしょう。からかっていると思われないために、真面目な態度で言ってあげた方が良いでしょう。

  • 【8】「あなたに任せるよ」など、彼氏を信じていることを伝える。

    彼女に信頼されていることに喜びを感じる男性も多いようです。彼氏が仕事で悩んでいるときなどに、「どうするの?」と問い詰めると焦らせてしまうことがあります。ピンチのときこそ「あなたなら大丈夫」と言えば、彼氏に勇気を与えることができるでしょう。

  • 【9】「あなたがいないとダメだわ」などの、“一生ついて行きます”宣言をする。

    どんな彼氏でも、彼女から心底愛されていると思えば喜ばないはずがありません。好きな人から「あなたしかいない」と言われれば、「一生守ってやろう」と思うのが男性の心理でしょう。ただし、言いすぎると彼氏が油断して手を抜くこともあるので注意が必要です。

以上の中に彼氏を喜ばせることができそうなパターンはありましたか? また他にも、お世辞でも彼氏が喜ぶ褒め言葉があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock