彼氏が他の女の子と一緒にいるのを目撃したときの対応8パターン


もし彼氏が女の子と一緒にいるところを目撃してしまったら、動揺したり、怒りが抑えられなくなったりしてしまうことがあるかもしれません。しかし、一時の感情的な行動は、取り返しのつかない結果を生む可能性が高いでしょう。そこで、今回は女性の声を基に、女の子と一緒にいる彼氏を見たときの対応の仕方をご紹介します。

  • 【1】一度深呼吸して落ち着く

    何はともあれ、とりあえず落ち着くことが大切です。「いきなり声をあげたりはしない。落ち着いて彼氏の様子を観察する。もし浮気じゃなかったら後々面倒なので。」(20代女性)など、最低限、彼氏がどんな顔をして女の子と話しているのか、相手はどんな女の子か、様子を確認してから対応を考えるのが賢明なようです。

  • 【2】勇気を出してあいさつする

    彼氏の前に現れて、正面から女の子にあいさつをするパターンです。女の子が同僚や知り合いの可能性も高いので、疑うような含みは持たせず、彼女であるというアピールも控え気味の自然なあいさつが肝心なようです。「彼氏が微妙な空気を作ればすぐに分かる。」(30代女性)など、そこで疑いを持った場合も、その場で問いつめるのは避けたほうがよいでしょう。

  • 【3】気づかれない場所から彼氏に電話する

    彼氏に気づかれないように探りを入れるパターンです。「やましいことがなければ普通に電話に出るはず。いつもと変わらない感じで電話するのがポイント。」(20代女性)、「仕事相手といると電話に出ないこともあるので、その場合は後で何をしてたか聞いてみる。ウソをついたらアウト。」(20代女性)といったように、いくつかのチェックポイントを設けて、彼氏の反応をうかがってみるとよいでしょう。

  • 【4】ワザと目の前を通り過ぎる

    彼氏に分かるように目の前を通り過ぎ、彼氏の言動や表情によって、一緒にいる女の子との関係性を判断するパターンです。彼氏がやたらと言い訳めいたフォローをしてきたり、後々まで何のコメントもせず、なかったことにしたりする場合は、後ろめたいことがあると考えてよいでしょう。「彼氏の反応に委ねることで、後で話を有利に進められる。」(20代女性)というメリットもあるようです。

  • 【5】気づかれないように近づいて様子をうかがう

    彼氏に悟られることなく、関係性を判断するパターンです。近くで様子を観察することで、どういった関係性なのかはおおよそ検討がつくようです。「怪しくなければ、そのことについては何も言いません。余計な波風を立てたくないので。」(30代女性)といったように、問題がなければ目撃したことも触れずに済んでいいかもしれません。

  • 【6】一日置いてから「昨日何してたの?」と聞いてみる

    直接彼氏の反応をうかがうパターンです。その際は、自分が昨日したことなどを世間話のように話してから聞いてみると、自然な質問になるようです。「そこで彼氏がウソをついたら、『昨日見かけたんだけど・・・。』と打ち明ける。」(20代女性)など、言い逃れのできない状況を作ってから問いつめることもできます。

  • 【7】後で会話中にさりげなく誰なのか聞く

    彼氏に直接聞いてしまうのもひとつの方法です。あまり上手にカマをかけたりできないという人や、遠回りの行動が苦手な人にはいいかもしれません。会話中に自然に聞ければベストですが、演技する必要はないでしょう。あくまで感情的にならずに、事実だけを聞くスタンスでいれば、彼氏と妙な雰囲気になることもないでしょう。

  • 【8】「女の子とふたりでいるとこ見たくないな。」とかわいくやきもちを焼く

    嫉妬してしまうという自分の素直な感情をあえて伝えるパターンです。ただし、それを理由に彼氏を責めたり、不機嫌になったりすると、彼氏はうんざりしてしまうかもしれません。あくまで自分の感情を彼氏に理解してもらう程度にとどめておきましょう。そうすれば、「『こいつかわいいな。』って思わせたい。」(20代女性)という、別の効果も得られるかもしれません。

もしもの事態に遭遇しても対応できそうな方法はあったでしょうか。また、他にも女の子といる彼氏を見たときの対応の仕方はあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock