二人きりのときは優しいのに、みんなの前では冷たくなる男性心理8パターン


付き合っている彼氏が、ほかの男友達がいる場所では、妙に冷たい。二人きりのときはすごく優しいのに、人目があるとそっけない。そんな男性の態度に傷ついた経験がある女性は少なくないと思います。そこで今回は、『スゴレン』読者の男性を対象に「男友達の前では彼女に冷たくしてしまう理由」について、意見を大募集。男性たちの本音を探ってみました。

  • 【1】周りに気を遣わせるから。

    「自分もよそのカップルがいると気を遣うから、なるべく自然な態度を心がけるようにしている。」(10代男性)、「彼女が来ているだけで、みんな意識してしまうはずなので、あえて彼女がそこにいないように振る舞う。」(20代男性)など、男友達に余計な気苦労をかけたくないために、わざとそっけなくするという意見が多く集まりました。わけもなく冷たくされるようでは寂しいですが、こうした背景を聞けば「なるほど」と納得できる女性も少なくないと思います。

  • 【2】どういう態度を取ったらいいのかわからないから。

    「自分の彼女を男友達に会わせた経験が少ないので、いざとなると、どうしていいのかよくわからない。」(10代男性)、「彼女を連れて来たのはいいが、自分の友達との間に共通の話題がないことに気づいて、とりあえず様子を見ることにした。」(20代男性)など、「どうしていいのかわからない」ゆえに、あいまいな対応になってしまったというものです。ちょっと頼りないかもしれませんが、初対面や慣れないメンバーの集まりでは、陥りがちな場面でもあるので、いったん静観するほかなさそうです。

  • 【3】みんなのノリに合わせないと気まずいから。

    「友達同士の間では、それなりにノリというものがあるので、彼女にばかり合わせていられない。」(10代男性)、「女性に気持ちを向けすぎて、男同士のノリを無視すると、友達を失ってしまう。」(20代男性)など、「友人同士の和」を重んじるという意見です。「できることなら、彼女にもその場のノリを汲んで振る舞ってほしい。」(20代男性)という要望もあり、事前に相談されて納得すれば、割り切って求めに応じてあげるのもひとつの方法だと思います。

  • 【4】彼女といちゃつく姿を見られたくないから。

    「素の自分を見られたら恥ずかしい。」(10代男性)、「『女といちゃついている』という目で見られるのは気まずい。」(10代男性)など、「彼女と仲良くしている様子を見られたくない」という意見が多く集まりました。この考え方に理屈では共感できても、やはり男性のよそよそしい態度に物足りなさを感じる女性は少なくないと思います。とはいえ「男女問わず、知り合いが異性とベタベタしていたら、目のやり場に困るもの。」(20代男性)という指摘には、たしかに一理あると言わざるを得ないかもしれません。

  • 【5】男友達の前と彼女の前ではキャラが違うから。

    「基本的に『俺様』キャラなので、女の機嫌を取るような男だと思われたくない。」(20代男性)、「クールな男で通っているのに、『実は甘えん坊』だとバレたら最悪!」(20代男性)など、男友達の前での自分と、彼女と接しているときのキャラクターにギャップがあるというケースです。「なんとかして隠し通したい」という心情は、付き合っている女性から見るとバレバレである場合が少なくないため、度量の大きい彼女なら、笑って許してあげることもできると思います。

  • 【6】男同士の付き合いと恋愛は分けて考えたいから。

    「二人きりのときには二人だけの雰囲気があって、それをほかの仲間の前でむき出しにするのは抵抗がある。」(10代男性)、「恋愛に夢中になって、男友達との付き合いをおろそかにするような人間だと思われたくない。」(10代男性)など、「けじめ」の問題として意識的に態度を切り替えるという理由です。「自分は体育会系なので、男社会のなかでの振る舞いを変えることはできない。」というように、「硬派」を自負する男性に多く見られる考え方なのかもしれません。

  • 【7】彼女のことを「身内」として扱っているから。

    「『彼女』として付き合い始めたからには、もう俺側の人間。男友達の前では、料理を取り分けるなど、気配りする姿勢を見せてほしい。」(20代男性)、「自分の顔を立てて、一歩下がって付いてきてくれる女性が理想だから。」(30代男性)というように、交際相手を「身内」扱いしたがる男性のパターンです。この手の男性は、普段から「亭主関白」な振る舞いを好みがちですが、第三者の前ではとくにその傾向が目立つものなので、ある意味、対処しやすい面もあるでしょう。

  • 【8】単に照れくさいから。

    「彼女がいないところで絶対に冷やかされる!」(10代男性)、「隙あらば突っ込もうという目で見られているのがわかるので。」(30代男性)、「あとでネタにされるのが目に見えている。」(20代男性)というように、「照れくさいこと」を理由に挙げる声が多く寄せられました。「彼女のほうが社交的なので、自分がフォローする必要はないと思って放っておいた。」(20代男性)など、女性を信頼しているからこそ、照れ隠しとおぼしき態度を取る男性もいるようですが、その心情は決して理解しがたいものではないと思います。

共感できる意見はありましたか?自分の彼氏に当てはめてみて、思い当たる理由が見つかったとしたら、少しは気持ちが落ち着くのではないでしょうか。付き合っている男性のタイプによって、ほかにもさまざまな本音があると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock