「居心地の良い人」だと思われる女性9パターン


「この人と一緒にいると、なんか安らぐなあ?」とお互いに思えることが、良好な恋愛関係を持続させる秘訣。では男性は女性のどういう行動をみて、安らげる・一緒にいて居心地が良いと感じるのでしょうか。スゴレン読者に聞いてみた意見をご紹介しますので、今片想い中の方も、両想いに近づく第一歩として、参考にしてみてください。

  • 【1】付き合いが浅くても無言時に気まずくならない。

    これはフィーリングの問題もあるかもしれませんが、特に会話がなくても苦痛を感じない女性に、居心地の良さを感じるようです。言葉に出さなくても、ふたりで一緒に同じことを感じたり考えたりしている状況に、安心感を得ている男性が多いのかもしれません。

  • 【2】ふたりきりでいると、つい甘えたくなる朗らかな雰囲気を持っている。

    朗らかで柔らかい雰囲気を持っている女性に、心を許す男子が圧倒的に多い模様。男性が甘えたくなるような柔らかい雰囲気は、心に余裕がないと発することができないようなので、普段からストレスを溜めないよう、バランス良く息抜きをすることが大切かもしれません。

  • 【3】自然な笑顔が絶えない。

    「その子の笑顔を見ていて、癒されたとき」「一緒にいて、終始ニコニコしている自分に気づいたとき」など、女性の笑顔で安らげて、自分も笑顔になれることは、居心地の良さと直結しているようです。作り笑顔は案外すぐに見抜かれてしまうことが多いので、いつも自然な笑顔でいられる関係が築けると良いでしょう。

  • 【4】音楽や本、映画の趣味が合う。

    趣味が合えば、男性は趣味を語るときに「余計な気を使わせていないな」と思えるので、一緒にいて心が和むようです。趣味の合致は緊密なコミュニケーションを取る上でもかなり有利なので、彼との会話を親密にするために、より趣味の知識を磨いてみるのも良いかもしれません。

  • 【5】お笑い番組を観ていて、面白いと思う芸人が同じ。

    「自分が鉄板だと思ったネタでクスリともしない女性とは、会話が弾まない」という意見もあり、笑いのツボと居心地の良さは関係があるようです。彼が好きな類のお笑いを無理に面白いと思おうとする必要はありませんが、面白いと感じなくても全否定することは避けたほうが良さそうです。

  • 【6】個人的な趣味の話をしても、興味深そうに聞いてくれる。

    男性は、自分の好きなものの話を親身に聞いてくれる、聞き上手な女性と一緒にいたいと感じるようです。最初は正直あまり興味がなくても、話を聞いているうちに面白そうだと思えるかもしれません。彼の話に耳を傾けることは趣味を共有できるチャンスでもあるので、じっくり聞いてみると良いでしょう。

  • 【7】人の悪口を言ったり、妬んだりしない。

    人の悪口や妬みばかりを話題にしていると、「俺も陰でこんなふうに罵られているのかも・・・」と不安を感じる男性もいるみたいです。たまに愚痴る程度であれば、「信頼されているから、こんな話もしてくれるんだな」と思え、逆に彼女との距離の近さを認識できるようですが、過度なネガティブ話は関係をぎこちなくさせてしまうのかもしれません。

  • 【8】「ありがとう」や「ごめんなさい」を、素直に言ってくれる。

    感謝の気持ちや謝罪の気持ちを、ストレートに言ってくれる女性に、男性は安心感を抱くようです。親しい間柄でも、「ありがとう」と「ごめんなさい」はしっかり言える素直さ・謙虚さを忘れないようにしたほうが良いでしょう。

  • 【9】いつも清潔で、良いニオイがする。

    「ふとした瞬間、シャンプーのニオイがしたりすると癒される」「抱きしめたときに、柔軟剤(?)の良いニオイがして離したくないと思った」など、ナチュラルな香りを感じて、居心地の良さを実感する男性もいるようです。ほのかに香るような優しいニオイは、家庭的な女子度を男性にアピールできるのかもしれません。

みなさんに当てはまる項目はあったでしょうか? 一緒にいることで安心感や信頼感を確認できる行為が、「居心地のいい女性だ」と思ってもらえるポイントなのかもしれません。皆さんのご意見をお待ちしております。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock