失恋の傷から立ち直るためにとる行動9パターン


「失恋すると髪を切る」というのはよく聞く話ですが、別れのつらさから立ち直るために、何か思い切った行動をとる人は少なくないようです。みなさんはどんな「立ち直りの儀式」を行っているのでしょうか。今回は読者の意見をもとに、代表的な行動の数々をご紹介いたします。

  • 【1】ストレス発散のためにヤケ食いする。

    好きなものを食べるというのは、代表的なストレス発散方法の代表的です。「彼氏のためにダイエットする必要がなくなったので遠慮せずに食べる」(20代女性)という声もあったように、我慢していた欲望を解放するという側面もあるようです。

  • 【2】親友にとことん話を聞いてもらう。

    ひとりでつらい気持ちを抱え込むより、気心の知れた友達にとことん聞いてもらうという人も多いようです。また、「元彼の悪口を言ってもらって、大した男じゃなかったと思わせてもらう」(10代女性)という方法もあるとか。

  • 【3】涙が枯れるほど、ひたすら泣く。

    とことん泣いて、悲しい感情を吐き出すという人が多かったようです。「人目を気にせず泣けるのも今のうち。いろんな人になぐさめてもらう」という20代女性のように、泣くことを失恋の特権と考えている人もいるようです。

  • 【4】ひとりでのんびり遠出する。

    恋人がいると、ひとりでどこかへ出かける機会は案外減るもの。相手のことを気にせず好きな場所へ出かけることは、ストレス発散になる模様です。また、自分の気持ちとじっくり向き合うことで、整理をつけられるという効用もあるようです。

  • 【5】失恋に関する掲示板やブログをひたすら読む。

    同じような境遇の人の声に耳を傾ける、共感したり異なるリアクションを知ることで、失恋でつらいのは自分だけじゃないと励まされる人も多いようです。また、「人と比べることで、自分の恋愛論が深める」(30代女性)なんて哲学的な意見も。

  • 【6】思い出さないため、メールや写真など痕跡をすべて消す。

    「一瞬もったいないなとためらうけど、それを乗り越えると気持ちが前向きになる」(10代女性)という声もあったように、思い出をしっかりリセットすることによって、次へ進むという気持ちが生まれるという人が多いようです。

  • 【7】次の恋を探すため、合コンやイベントなど、人の集まる場所に行く。

    やはり多かったのが「失恋の傷は新しい恋で癒す」という方法。「元彼のほかにもたくさん男はいるということを実感したい」(20代女性)というように、人の集まる場所で新たな恋を探ること自体が、心を元気づける行為なのかもしれません。

  • 【8】自分をみがくためにダイエットする。

    「キレイになって元彼を見返してやる」という気持ちが活力になることもあるようです。普段はダイエットに挫折しがちな人でも、強いモチベーションがあれば続けることができるのかもしれません。

  • 【9】一心不乱に仕事や勉強に熱中する。

    失恋のことを考えないために、目の前の仕事や勉強に没頭する人も多いそう。また「努力は男と違って裏切らない」(20代女性)という声もあったように、失恋のパワーをエネルギーに変えれば、自分を成長させることができるかもしれません。

実際にみなさんが体験したことのある行動はあったでしょうか。アーティストHanaHさんの曲『alone in my room』は失恋の切なさを歌い上げたバラードで、そのプロモーションビデオにはオトメスゴレンがコンテンツ提供をしています。そちらもぜひ聴いてみてください。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock