夏の外出デートで気をつけたいこと9パターン


肌の露出が増え、汗もたくさんかく暑い季節、夏。デート前のちょっとした準備不足が、悲劇を招くことがあるかもしれません。夏の外出デートでは、一体どんなことに気をつければいいのでしょうか? オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、デート前に注意していることを聞いてみました。

  • 【1】体のラインが出やすいので着痩せする服を選ぶ。

    夏は肌の露出が増え、体のラインも分かりやすくなります。「薄着になるから周りと比べられそう・・・」(20代女性)のように、男性の視線は気になるもの。また、「自分の彼女の下着が透けて見えたら嫌かなと思って」(10代女性)のように、男性への配慮のためにしている人もいます。体のラインが気になる人は、チュニックやワンピースなど体のラインが分かりにくい服装にするといいかもしれません。

  • 【2】化粧道具を持ち歩き、化粧崩れを防ぐ。

    汗をたくさんかいてしまって、お化粧が崩れてしまう恐れがあります。「夏のお出かけに、お化粧道具は必須!」(20代女性)のように、対策として化粧道具を必ず持ち歩く人も多いようです。また、「鏡をチェックしたとき、眉毛のない自分に驚愕」(20代女性)という人も。こまめに鏡でチェックした方がいいでしょう。

  • 【3】髪が気にならないように、アップヘアにする。

    暑い季節は、涼しげなヘアアレンジも必要かもしれません。「暑そうだと一緒にいる気も無くなるかな、と思って」(10代女性)のように、男性への気遣いという点でも有効です。「うなじが色っぽいアップヘアは夏にピッタリ」(20代女性)という意見にもあるように、男性ウケを狙うことができるかもしれません。

  • 【4】脇や脚などのムダ毛の処理をする。

    夏はムダ毛の処理を入念にしている人も多いです。「露出が増えるから、見たくなくても見えてしまうと思う。」(10代女性)のように、ムダ毛は見られる方も、見る方も嫌だろうという意見が多数ありました。「男性は意外と女性のムダ毛を見ている気がする・・・」(20代女性)のように男性の目は厳しいのかもしれません。目につきやすい脇や腕のムダ毛は念入りに処理した方がいいでしょう。

  • 【5】汗の臭いを抑えるための制汗剤をつける。

    汗の臭いで嫌われるのも避けたいところです。「汗臭い!って思われたら、絶対に好感度がガタ落ちだから」(10代女性)という意見にもあるように、匂いで魅力が半減したらソンです。「汗臭くならないように、汗ふきシートは必需品」(10代女性)のように、汗対策のアイテムを持ち歩いて匂いを防げば、彼と急接近したときも安心でしょう。

  • 【6】脇染みがでないように、脇汗パッドをつける。

    汗かきの女性には、脇染み対策にも力を入れているようです。「脇の汗染みはハタから見ていても嫌」(30代女性)のように、人のワキ染みも不快に感じてしまうもの。「汗わきパットはマスト。グレーのTシャツは汗が目立つのでNG」(20代女性)の意見を参考にすれば、ワキ染みを男性に見られずに済むでしょう。

  • 【7】日焼け防止のために、日焼け止めをつける。

    日差しの強い日のデートでは、日焼けも気になるところです。「外に出かけたせいで、日焼けでずっとヒリヒリしてるなんて嫌!だから日焼け止めは必須です」(20代女性)のように、多くの女性が日焼け止めを携帯しています。また、「海に行ったとき、私の色白が目立って嬉しかったと言ってもらいました」(30代女性)のように、日焼け対策がイメージアップに繋がるでしょう。

  • 【8】熱中症にならないようにこまめに水分補給をする。

    デート中に、熱中症にかかってしまったら、楽しいデートも台無しです。「万が一に備えて、飲み物を持ち歩いて水分補給をマメにしています」(20代女性)のように、ペットボトルをカバンに入れておくといいかもしれません。「自分用だけじゃなく、彼の飲み物も用意しています」(20代女性)のように、彼のことまで気遣ってあげるとより好感度がアップするでしょう。

  • 【9】「暑い!」と連呼しない。

    彼の前で「暑い!」と言っても、暑苦しい気分が変わるわけではありません。「暑がっている女の子はかわいくない」(20代女性)のように、彼に暑さを感じさせない努力が必要かもしれません。「『暑い!』じゃなくて、『暑いですね♪』くらいが好感を持ってもらえると思う。」(20代女性)の意見のように、思わず「暑い!」と言いそうになったときも、「暑いですね」くらいに留めておくといいでしょう。

今回ご紹介したなかに、みなさんも気をつけていることはありましたか? また、夏の外出デートで気をつけたいことは、他にどんなものがあるのでしょうか。 みなさんからのご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock