自分を恋愛モードに切り替える方法8パターン


誰しも、恋愛にやる気が出ない時期があると思います。ときには「このまま一生彼氏ができなくてもいいかも」と思うこともあるのではないでしょうか。しかし、どこかで「やっぱりドキドキしたい」とも思っているはずです。そこで今回は、「自分を恋愛モードに切り替える方法8パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】恋愛モノの小説、映画、漫画に触れる

    ラブストーリーの作品を観て感動することで、恋愛へのモチベーションを上げる方法です。現実世界で長らくドキドキしていない場合は「感情のリハビリ」にもなるため、スムーズに人を好きになれるという効果もあるようです。今どきの恋愛をしたい人は、できる限り新作を選ぶのがポイントです。

  • 【2】思い入れのあるラブソングを聴く

    恋を楽しんでいた頃の曲を聴くことで恋愛のスイッチを入れる方法です。彼氏にマンネリを感じているとき、初心に帰るために付き合いたての頃に聴いていた曲を聴く人もいるようです。失恋を嘆く曲ではなく、前向きな曲を聴くことが新しい恋愛に進むためのコツです。

  • 【3】彼氏がいる友達のノロケ話を聞き回る

    他人の恋愛をうらやましいと思うことで、恋愛への意欲を目覚めさせる方法です。結婚式に出席すると自分も結婚したくなるように、友達のリアルなノロケ話を聞けば、きっと心がウズウズしてくるはずです。逆に、離婚や不倫の話を聞き過ぎると恋愛欲が萎えることもあるので注意してください。

  • 【4】自分磨きに精を出す

    自分の容姿に自信が持てると、恋愛に積極的になれる人も多いようです。恋愛の一歩目は「自分を好きになること」という考え方もあります。なかなか恋愛モードになれないという人は、思い切って髪型を変えたり、新しい服を買ったり、まずは外見を変えることで心境も変わるかもしれません。

  • 【5】真っ赤な勝負パンツをはき、気分を高揚させる

    「今日は勝負するぞ!」と自分に暗示をかけて、強引に恋愛モードに入る方法です。セクシーな下着を身につけて大胆な気分になれば、出会いのチャンスも広がるでしょう。ちなみに、赤いパンツは自律神経に働きかけ、アドレナリンの分泌を促すと言われているので健康にも役立つはずです。

  • 【6】ダラダラ残業をやめ、定時で帰る

    羽を伸ばす時間を作ることで、恋愛モードに突入する時間を充分に確保する方法です。どうせ恋人がいないからとダラダラと仕事をしていると、余計に疲れるし、出会いのチャンスも減るしと、負のループから抜け出せなくなることもあります。出会いのチャンスを減らす悪習は早めに直した方が良いでしょう。

  • 【7】頑張って合コンを開く

    自ら出会いの場を作り出し、1日限定でMAXレベルまで恋愛モードを高める方法です。他にも、思い切って出会いパーティーに参加するなど、「恋愛しないと会費がムダになる」状況を作って自分を追い込む人もいるようです。

  • 【8】チョコを食べる

    チョコを食べると甘い気分になり、普段より恋をしたくなる人もいるようです。調べてみると、チョコレートの原料、カカオに含まれるフェニルエチルアミンという成分は脳内でドーパミンの放出を促すと言われています。ドーパミンは、恋愛をしたときにも脳内で作られると言われているので、科学的にもうなずける?裏技?なのかもしれません。

簡単に恋愛モードになれそうな方法はありましたか? また、他にはどのような方法があるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock