「わたし、恋愛ベタだな」と感じる瞬間8パターン


一生懸命恋しているのに、真剣にがんばっているのに。ふとしたことがきっかけで、「わたし、恋愛ベタだな」と落ち込むことはありませんか?そこで今回は、「『恋愛ベタだな』と感じるのは、どんな瞬間?」というテーマで、『オトメスゴレン』読者の女性たちの意見を大募集!みなさんの本音を紹介させていただきます。

  • 【1】好きな人に恋人がいることが判明した瞬間

    「好きになる人にはいつも彼女がいる。」(20代女性)、「『ただの友だち』としか見てくれない相手を思い続けてしまう。」(20代女性)というように、何の因果かめぐりあわせが悪く、結ばれる望みが薄い相手に惹かれてしまうパターンです。片思いのまま終わる恋の多くにあてはまることだと思います。一方、「大切にしてくれる人がほかにいるのに、なぜかダメ男に走ってしまう。」(20代女性)など、「わざわざこの人にしなくても」という相手ばかり選択するタイプの女性もいて、「男女の縁」の難しさを感じます。

  • 【2】感情のままに突っ走り、後悔した瞬間

    「気になる相手に大量にメールを送ってしまう。」(10代女性)、「何をしていても、その人のことしか考えられなくなる。」(10代女性)など、恋愛にのめり込むタイプの女性に多いと思われるケースです。「駆け引きとかよくわかんなくて、いつも押しまくる。」(20代女性)というように、自分の気持ちをストレートに表現するのはひとつの恋愛スタイルかもしれませんが、「毎回、『おまえは重い。』言われて去られてしまう。」(30代女性)など、男性には負担になっている場合も考えられるので、注意が必要なこともあります。

  • 【3】気になる相手に、そっけなくしてしまった瞬間

    「気になりはじめると、そっけなくしてしまう。」(20代女性)、「彼が近づいてくると、恥ずかしくて逃げてしまう。」(10代女性)、「大好きなのに、無関心を装ってしまう。」(20代女性)など、思いとは裏腹な行動に出てしまうパターンです。「『リアクションをこうすればよかった!』と、ひとり反省会。」(20代女性)、「『明日こそかわいくアピールしよう』って意気込むんだけど・・・。」(10代女性)といった体験談がたくさん寄せられました。恋にもどかしい気持ちを抱いている女の子はひとりではないようです。

  • 【4】駆け引きしているつもりなのに、うまく伝わらなかった瞬間

    「好きになると顔に出るので、駆け引きが成立しない。」(20代女性)、「駆け引きしているつもりなのに、まったく伝わらない。」(10代女性)というように、気を引くために何かしようとしても、うまくいかないことは少なくありません。「相手の誘いに気づかず、こちらからアプローチしたころにはもう遅かった。」(30代女性)、「やきもちを焼かせたくて、ほかの人とイチャイチャしているところを見せたらドン引きされた。」(10代女性)などの失敗例も寄せられており、タイミングや加減を見計らうことが重要だといえそうです。

  • 【5】相手に振り回されてばかりいると思った瞬間

    「突然の呼び出しを断れない。」(30代女性)、「ドタキャンは日常茶飯事。」(20代女性)、「彼に合わせてデートはいつも競馬場。」(20代女性)など、男性の都合に振り回されるケースです。「好きだからこそ、がんばることができる。」(20代女性)と語る女性がいる一方で、「友だちには『都合の良い女』と言われます。」(30代女性)というように、第三者からは「どうしてそこまで?」と思われている場合もあります。相手とのバランスを疑問に思ったら、ふたりをよく知る友人の助言を求めてみるのもひとつの方法です。

  • 【6】ちょっとしたことでも、悪いほうにばかり考えてしまう瞬間

    「少しでも不安に思うことがあると、悪いほうにばかり考えてしまう。」(10代女性)、「何気ないひとことから、悪い妄想をふくらませてしまう。」(20代女性)、「どう思われているか心配になって、余計な言い訳をしてしまう。」(20代女性)など、「あとから冷静に考えると、空回りばかり。」(20代女性)というネガティブな思考パターンにとらわれてしまう女性は多いようです。「深夜のメールは、朝に読み直してから送るのが鉄則。」(20代女性)というように、冷静になるためにひと呼吸置く習慣は、解決策として有効かもしれません。

  • 【7】「ここぞ!」というタイミングで、うまく甘えられなかった瞬間

    「『送っていこうか?』という申し出に『大丈夫です。』と答え、大後悔!」(20代女性)、「構ってほしいのに、『会えなくても平気』みたいな顔をしてしまう。」(10代女性)など、「弱いところを見せられない」という悩みは非常に多く、「しんどくても元気そうに振る舞ってしまい、察してくれないことにイライラ。」(20代女性)といった悪循環を招く場合があります。「思い切って甘えたら、『そんなキャラだったっけ?』と不気味がられた。」(20代女性)という例もあり、段階を踏んで自分を出していく必要がありそうです。

  • 【8】素直になれなかった瞬間

    「久しぶりの電話に『何か用?』と出てしまい、険悪な雰囲気に。」(20代女性)、「意地になって連絡しなかったら、自然消滅。」(20代女性)など、本音をさらけ出すことを戸惑うあまり、おかしな方向に事態が転んでしまったケースです。きっかけは些細なことでも、一度こじれると修復は困難になります。「無理をしすぎる恋は、結局長く続かない。」(30代女性)というように、緊張を解くことのできない関係は、いつか破綻を来します。せっかくめぐりあった恋なら、落ち着いて楽しめるような心の余裕を持ちたいものです。

身に覚えのあるもの、「あるある!」と共感できる意見などはありましたか?女性のキャラクターや相手の男性しだいで、ほかにもさまざまな「恋愛ベタだと感じる瞬間」があると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock