一緒にいて飽きない女性9パターン


情熱的に盛り上がる恋、穏やかにはぐくむ恋。さまざまな恋愛の形があると思いますが、最終的に長続きするために不可欠なのは、「一緒にいて飽きないこと」ではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』読者の男性を対象にアンケートを実施。「一緒にいて飽きない女性とは?」という質問について、世の男性たちに本音で答えていただきました。

  • 【1】会話の引き出しが豊富な女性

    「こっちが話題を考えなくても、自然に会話をつないで盛り上げてくれる女性は、一緒にいてすごくラク。」(20代男性)、「なんでもない些細なことでも拾い上げて楽しそうに話してくれると、聞いていて飽きないし、ずっとしゃべっていたくなる。」(10代男性)など、「話し上手」を挙げる意見が多く寄せられました。「ただし、ただうるさいだけの人はちょっと・・・」(10代男性)というように、度を越すとうっとうしいと思われてしまうので、注意したいものです。

  • 【2】表情が豊かな女性

    「楽しいとき、悲しいとき、うれしいとき・・・。どんな表情でも絵になる女性は、ずっと見ていたいと思います。」(20代男性)、「彼女のびっくりした顔が好きなので、わざと驚かせるようなことをします。」(20代男性)など、とにかく男性は、感情表現が豊かな女性に弱いようです。「怒った顔もかわいいので、たまにわざと怒らせます。」(前出・20代男性)というレベルになると、ただののろけ話っぽいですが、怒っている姿までを「見たい」といわれる女性には、たしかに強力な魅力がありそうです。

  • 【3】予想外のサプライズを起こしてくれる女性

    「『えっ、そう来るか!』みたいな大胆な行動をする女性が好き。」(20代男性)、「いつも相手を新鮮に感じられるから、保守的な人よりも奔放な人のほうに惹かれる。」(20代男性)など、一部の男性には「振り回されたい願望」があるようです。しかし「気まぐれ感」は、出し方ひとつで「ただの変な人」になってしまう恐れがあるため、このタイプの女性を目指す場合には、自己演出などに多少のスキルが必要かもしれません。

  • 【4】笑いのツボが合う女性

    「ボケとツッコミの関係が成り立つ女性とは、いくら話しても飽きない。」(20代男性)、「笑いのセンスが違うと、長くは続かない。」(30代男性)、「同じものを見て笑える女性とは、同じものを楽しめるので、結果的に一緒にいて飽きないことになる。」(20代男性)というように、笑いのツボで「相性」を占う男性は少なくありません。もちろん、そこだけを重視しているわけではなく、あくまで「こうだったらいいな」というひとつの要素なのだと思います。

  • 【5】人生を楽しもうとしている女性

    「受け身ではなく、何事にも挑戦しようという姿勢の女性。一緒にいて励まされるし、自分もがんばろうと思えるので。」(20代男性)など、前向きにチャレンジする女性の姿は、男性の目には輝いて映るようです。「人生を楽しもうとする女性のまわりには、自然と楽しいことが集まってきます。こういう女性と一緒にいられたらいいなと思いますが、そのためには自分も飽きられないように努力しなくてはなりません。」(30代男性)という意見もあり、最終的には「高めあう」ことにポイントが置かれているようにも思われます。

  • 【6】同じような趣味を持っている女性

    「音楽の趣味が合う、同じサッカーチームのファンであるなど、好みの方向性が似ている人。」(20代男性)、「自分はインドア派なので、ドライブやスポーツを楽しみたい女性よりは、家でまったりDVDを観たりするのが好きな相手だと、一緒にいて飽きないと思います。」(20代男性)など、「好きなもの」や「ノリ」が似通っていることを条件に挙げる人が多くいました。波長が合うと、自然に互いのことを受け入れられるので、無理をしなくても関係が長続きするというメリットがあります。

  • 【7】辛いときに、優しく癒してくれる女性

    「やっぱり、とげがある女の人は嫌です。」(10代男性)、「優しい女性が好きなのは、男としてあたりまえのこと。」(30代男性)、「辛いときに癒してくれる人のそばにいたいです。」(20代男性)など、「一緒にいて飽きない女性の例」というよりは、「思いやりがなく、冷たい女性は嫌だ」という気持ちの裏返しのような意見が目立ちました。とはいえ、一緒にいたい女性の性質として「優しさ」を第一に挙げるというのは、世の多くの男性たちの本音だと思います。相手を思いやる心は、常に忘れずいたいものです。

  • 【8】素の自分を受け止めてくれる女性

    「ありのままの自分を出せる女性とは、リラックスして過ごすことができる」(30代男性)、「緊張を強いられる相手だと、やがて破綻がくるもの。」(20代男性)など、こちらも「一緒にいて飽きない女性」という点ではなく、「一緒にいて過ごしやすい女性の条件」を挙げる声が多くありました。そんななか、「本音で向き合える女性とは、人間としてちゃんとつきあえる。」(20代男性)という、ことの本質をつくような意見がありました。この場合、「受け止めてくれる女性」というより、「受け止めあえる関係」に言及しているため、なおさら奥深いのだと思います。

  • 【9】笑顔で話を聞いてくれる女性

    「どうでもいい話でも、笑顔で『うん、うん』と聞いてくれる女性。なごみます。」(20代男性)、「『なんでコイツにはこんなことまで話せちゃうんだろう』という女の子は、一生 離したらいけないと思っています。」(20代男性)など、「聞き上手な女性」は、男ゴコロをわしづかみにしているようです。たとえ好きなものが違ったり、共通の話題が少なかったとしても、「聞き上手な女性」が相手なら、「会話がかみあわない」という現象が起こりにくいため、男性にとって好印象なのはもっともだともいえます。男性の要望ばかり受け入れる必要はないと思いますが、まずは「聞き上手」であることを心がけてみて、損はないかもしれません。

いかがでしたか?参考になりそうなものはありましたか?男性のタイプやふたりの関係によって、女性に対して求められるものも違ってくると思います。一緒にいて飽きない女性であるために、ほかにはどのようなことが考えられるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock