男性が「この子に嫌われたかも・・・。」と不安を感じる瞬間9パターン


好意をアピールしても反応しない鈍感な男性でも、嫌悪感に関してはちょっとした仕草に敏感に反応することがあります。男性に余計な誤解を与えないためには、どのような行動に気をつけるべきなのでしょうか。「嫌われたかも・・・。」と、男性が不安を感じる女性の行動をご紹介します。

  • 【1】会話中にメールを始めたとき。

    メールによって会話が途切れると、男性はメール相手を優先していると感じるようです。メールをすべきではないというより、会話が一段落するタイミングに合わせたり、一言ことわるなど、配慮が大切だと思われます。

  • 【2】あいづちが適当なとき。

    ずっと同じようなあいづちを繰り返していると、会話を拒否しているかのように思われる恐れがあります。気になった話題には質問をするなど、会話への興味を感じさせる行動を挟むとよいでしょう。

  • 【3】会話中にあくびをされたとき。

    「あくび=退屈」というイメージは拭いがたいものがあります。あくびを見た男性は、「自分の話がつまらないのでは?」と感じてしまいがち。どうしても眠い場合は、「昨日寝てなくて。」など、あくびの理由を明白にして相手の不安を取り除くべきかもしれません。

  • 【4】以前よりメールの返信が遅くなったとき。

    だんだん遅くなっていくことで、心の距離が離れていく印象を持つようです。急にこちらからメールしたり、遅くなったことについてメールで触れるなどして、返信の遅れが当たり前になる事態は避けたほうがよいでしょう。

  • 【5】メールの文章が他人行儀になったとき。

    突然メールの文章が「ですます調」になれば、嫌われたと思われても仕方のないこと。しかし、それ以外にも絵文字の使用頻度など、男性は意外と細かいところも気にしているようです。自分が手抜きだと感じるようなメールは、相手にもその印象が伝わると考えるべきでしょう。

  • 【6】ふたりでいても、ため息ばかりつくとき。

    悩みごとのせいでつい漏れてしまうため息だとしても、男性が会話を楽しんでいないと感じる恐れがあります。どうしても悩みの方に気持ちが引っ張られるのなら、思い切って相手に相談するのもいいかもしれません。

  • 【7】自分のテンションに合わせてくれないとき。

    テンションが高いときに冷ややかな反応をされたり、逆に落ちこみ気味のときに陽気に接してこられたりすると、男性は「自分に合わせようとする気がないのでは?」と、不安を感じるようです。落ちこむ相手を元気に励ます場合も、まずは相手に共感を示すことが大切であると言えます。

  • 【8】ふたりでいても、他の男性の話ばかりするとき。

    他の男性の話題ばかりになると、相手の男性が敗北感を感じ、いじけてしまう恐れがあります。たとえ場を盛り上げるためであったとしても、その場にいない男性の話題は避けたほうがいいかもしれません。

  • 【9】向き合って座っていても、目を合わせてくれないとき。

    目を見て話さない相手に対して男性は、「心を開いてくれていないのでは?」「退屈してるのかも?」などの印象を抱くようです。関心、好意があるかないかの判断は、目を合わせるかどうかにかかっているのかもしれません。

みなさんは、男性を不安にさせる行動に思い当たる節はあったでしょうか。また、他にも男性を誤解させるような行動をとった経験などあるのでしょうか。ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock