彼女に別れを告げずにフェードアウトする本当の理由8パターン


つきあっているはずの彼氏から、徐々に連絡が途切れ、気づいたら「自然消滅」の形で交際が終わっていた・・・。そんな恋の終わりを一度でも経験したことのある女性は、案外多いと思います。男性が、彼女に別れを告げずにフェードアウトする真意は、いったいどこにあるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』読者の男性を対象に、アンケート調査を実施。「彼女に別れを告げずにフェードアウトする本当の理由」について、世の男性たちの本音を探ってみました。

  • 【1】別れを自分から告げるのは辛いから。

    「自分のほうから言うのは辛いので、黙って音信不通にしたほうがラク。」(10代男性)、「できれば穏便に、自然消滅の形を狙いたい・・・。」(20代男性)など、自分の側から答えを出すのを回避したい男性の心理が働いているようです。たしかに「辛い」気持ちはあるのでしょうが、「もめごとは苦手なので、こちらからは言いたくない。」(20代男性)といった意見にみられるように、「面倒を引き受けたくない」という本音も少なからずあるようです。

  • 【2】なんとなく気まずいから。

    「このところずっとギクシャクしていたので、別れを告げるためにわざわざ会うのはちょっと・・・。」(20代男性)、「彼女のほうも、もう続けるのは無理だと気づいているはず。行き着く先はわかっているのに、いきなりきっぱり答えを出すのは気まずい。」(20代男性)など、曖昧に弁解するような回答が寄せられました。お互いに「自然に終わってしまえばいいな。」と考えていれば、それなりにいい解決法かもしれませんが、女性側との気持ちに温度差があると、大きなしこりを残すケースだと思われます。

  • 【3】別れる決意がきちんと固まっていないから。

    「すごく嫌いになったわけじゃないけど、大好きだという時期は過ぎたので、流れに任せます。」(10代男性)、「ずっとつきあっていくイメージが湧かないが、ここで別れるという勇気もない。」(20代男性)など、「いま、別れを告げる理由がとくに思い浮かばない」といった事例も少なくないようです。あとになって振り返ったとき、「決定打はなかったけれど、いつのまにか終わっていた恋愛」は、もしかしたらこのようなケースに該当するのかもしれません。

  • 【4】彼女への気遣いのつもりだから。

    「彼女をどん底に突き落としてしまいそうなので、あえて別れは言わない。」(30代男性)、「修羅場が目に見えているので、いい思い出だけを残すために、徐々に関係が終わるのを待つ。」(20代男性)というように、「彼女への気遣い」を挙げる意見が多数寄せられました。「ズルいと思われるかもしれないが、彼女にとっても最善の策」(30代男性)という回答にいたっては、「ズルい」と自分で認めており、大義名分を掲げていても、やはり多少の後ろめたさは感じているに違いありません。

  • 【5】はっきりと終わらせないことで、復縁の可能性を残しておきたいから。

    「別れを告げてしまったら関係が切れるが、保留しておけば、気持ちが復活することがあるかもしれない。」(30代男性)、「放っておいて終わるならそれまでの相手だし、また盛り上がるなら、続ければいいだけのこと。」(20代男性)など、「事態を静観しつつ、見極める」という意見が目立ちました。そんななか、「言い方は悪いが、キープしておきたいので。」(10代男性)という回答があり、建前ではいろいろと弁明するものの、偽らざる本音は、結局このようにシンプルなのだということがわかります。

  • 【6】話し合っても、厄介なことになるのがわかっているから。

    「大暴れされたり、面倒なことになりそうなので、緩やかにフェードアウトしたい。」(20代男性)、「理由を話したところで納得してもらえるような女性ではないので。」(20代男性)などの場合は、もしかしたら、ちょっとハードな相手と交際しているのかもしれません。「ヒステリックに騒がれるかと思うと、本心ではもう終わりにしたいのに、打ち明けられない。別れるのも別れないのも茨の道。」(30代男性)というようなケースは、女性側にも異論があるにしろ、「相性が悪かった」としか言いようがありません。

  • 【7】次の恋が始まりかけているから。

    「ほかに好きな女性ができたが、別にそれを伝える必要はない。」(10代男性)、「いい感じになりつつある女の子の存在を、元の彼女のほうに知られると、ややこしいので。」(20代男性)など、「次の恋の始まりを、彼女に言いたくないから」という理由も多く寄せられました。「別の女性の存在をにおわせないのは男の優しさ。」(20代男性)と、妙に堂々とした意見もありますが、交際している女性がいるのに「別の女性の存在」とは、まさに「浮気」そのものであるわけで、開き直ることではないように思われます。

  • 【8】連絡してわざわざ別れを告げるのが面倒なぐらい気持ちが冷めたから。

    「貴重な時間を割いて会う気になれないほど、気持ちが冷めたので。」(20代男性)、「メールを打つのも手間だし、パケット代すら惜しいぐらい。」(10代男性)など、「女性に気持ちがなくなった」ことを強調する意見は少なくありませんでした。しかし、そこまで急激に相手への興味を失い、会うことはおろか、メールすることまで面倒に思うとは、どういう心境の変化があったのでしょうか。交際するふたりの関係性にもよるのでしょうが、そこまで冷酷なことを言い捨てる男性の態度は、客観的にみてもやはり「ひどい」と感じざるを得ません。

いかがでしたか?納得のできる回答や、身に覚えのある内容のものはありましたか?カップルによって男女の関係性が違うように、別れに際してもさまざま形が考えられると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock