奥手な男性をデートに誘うときの一言8パターン


気になる男性が恋愛に奥手で女性に対するアプローチ方法が分かっていないため、困っている女性もいらっしゃるのではないでしょうか。ときには、奥手な男性に対して、女性からアプローチする必要があるかもしれません。そこで今回、女性から積極的にデートに誘えるように、「奥手な男性をデートに誘うときの一言8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「みんなで行こうよ。」など、数人が集まるイベントへ誘う。

    男性に気負わせないように、「みんなで行こうよ。」と誘うパターンです。デートという意識を与えず、自然に誘い出すことができます。なお、奥手な男性にとって、男性側のメンバー集めですら、苦手だと感じている可能性があります。男性側のメンバー集めについてもフォローしてあげる気遣いが必要となるでしょう。

  • 【2】「一緒に食事でもどうですか?」など、ストレートに誘う。

    駆け引きすることなく、ストレートに誘うパターンです。「みんなで遊ぶ」ということに抵抗を感じる奥手な男性もいる可能性があり、むしろ「二人で」という状況の方が受け入れやすいと感じる場合もあるでしょう。ただし、最初は遠回しに断られる恐れがあります。気軽に何度か声をかける必要があるでしょう。

  • 【3】「○○が食べたいから、付き合ってよー。」など、強引に誘う。

    自分自身が食べたいものや行きたい場所を明らかにして、強引に誘い出すパターンです。積極的に誘うことで、奥手な男性が重い腰をあげる可能性があります。ただし、言い方によっては面倒な女だと思われる可能性があります。嫌われないように、できるだけ可愛らしく伝えましょう。

  • 【4】「今から、行こうよ!」と、突然誘う。

    思い立ったように急に誘い出すパターンです。積極的に行動することで、奥手な男性は驚き、思わず受け入れる可能性があります。断られることを恐れずに、堂々と伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】「気になるお店があるけど、一人だと寂しいから。」など、心細いことを理由として誘う。

    か弱さを演出して、奥手な男性に頼るパターンです。頼られることで、奥手な男性が誘いを受け入れる可能性があります。冗談として伝わらないように、心細い表情で伝えるようにしましょう。

  • 【6】「教えて!」とお願いしつつ、デートに誘う。

    奥手な男性に得意分野について、「教えて!」と、お願いするパターンです。立ち話では解決できないことを伝え、「カフェで話を聞かせてよ。」などと誘い出すことができます。ただし、男性の得意な分野について、聞きたいことを作ってからアプローチする必要があります。

  • 【7】「お店を予約したけど、友達に急にキャンセルされて困っているの。」など、トラブル発生時に誘う。

    友人との食事がキャンセルされて困っているときに頼るパターンです。緊急性が伝われば、奥手な男性でも手を差し伸べてくれるでしょう。ただし、ウソをついた場合は緊迫感が伝わらず、男性に見抜かれる恐れがあるので、本当にピンチのときに頼った方が良いでしょう。

  • 【8】「ついでに、○○に寄って行こうよ。」と、短時間のデートに誘う。

    休みの日に会う約束をするのではなく、「帰りについでに寄って行く?」という軽いノリで誘うパターンです。一日中、一緒にいるデートでは奥手な男性も緊張してしまい、誘いを断ってしまう恐れがあります。「ちょっとカフェに寄って行く?」という軽いノリで誘い出すことで、受け入れてもらえるかもしれません。勇気を出して、誘ってみましょう。。

実際に言えそうな一言はあったでしょうか。みなさんのキャラクターに合った表現を活用していただきたいと思います。また、他にも奥手な男性をデートに誘うときの一言があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock