「女の子を紹介して!」と頼まれたときの断り方9パターン


男友達から「女の子を紹介して!」と言われ、面倒だと感じたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。曖昧な返事をした場合、具体的に合コンを開催する話へと発展してしまう恐れがあります。出来る限り、その場で断る勇気が必要となるでしょう。では一体、そのようなとき、どのように断れば良いのでしょうか。そこで今回、できるだけスムーズに断ることができるように、「『女の子を紹介して!』と頼まれたときの断り方9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「みんな彼氏がいるから、難しいよ。」

    女友達に彼氏がいることを伝えるパターンです。恋人を作りたがっている男性にとっては、恋人がいる女の子を紹介されても、発展性がないため、諦めざるをえない状況となるでしょう。

  • 【2】「私の友達、最近、みんな忙しそうだから。」

    女友達が多忙であるため、合コンなどのセッティングが困難であることを伝えるパターンです。ただし、時間が経ってから、改めて「女の子を紹介してよ。」と頼まれたとき、同じような言い訳を使いづらくなるでしょう。

  • 【3】「私の友達、面食いだからなぁ?。」

    イケメンの男性を求めていることを伝え、男性を引かせるパターンです。男性に「自分じゃ、太刀打ちできないかも・・・。」と思わせることで、紹介してもらうことを諦める可能性があります。ただし、「理想ばかり高い女だ!」と悪印象を与える恐れがあるので、伝える相手を選ぶなど、注意が必要です。

  • 【4】「私、男友達しかいないからなぁ?。」

    紹介できる女友達がほとんどいないことをアピールするパターンです。男性にも「それじゃ・・・仕方がない。」と納得してもらえる可能性があります。ただし、「本当に女友達がいないのか?」と疑われる恐れがあります。男友達と遊ぶことが多いのが分かるように、日常的にアピールしておく必要があります。

  • 【5】「今度、タイミングが合えばね。」

    遠回しに断るパターンです。空気の読める男性であれば、断り文句だと理解し、引き下がってもらえる可能性があるでしょう。しかし、中には「タイミングは自分で作り出すものだよ!」と強引にセッティングしようとする男性もいるので、油断は禁物です。そのような男性に対しては、勇気を出してハッキリと断る必要があるでしょう。

  • 【6】「合コンとか、そーゆーの苦手なんです。」

    合コンなど、「紹介する場」そのものが嫌いであることを伝えるパターンです。露骨に嫌そうなリアクションをすることで、男性に諦めてもらえるでしょう。男性に嫌なことが伝わる演技力が必要となるでしょう。

  • 【7】「無理!」と即答する。

    即座に断るパターンです。紹介を頼まれたとき、曖昧に返事をすることで、男性の期待を高めてしまうことがあります。「女の子を紹介して!」と頼まれた直後に、「無理!」と伝えることで、男性に諦めてもらえるでしょう。ただし、「無理な理由」を問われる場合も想定し、もっともらしい理由を用意しておく必要がありそうです。

  • 【8】「アンタみたいな頼りない男に友達を任せられるか!」

    女友達を紹介するに値しないとき、自分の気持ちを包み隠さず、伝えるパターンです。男性に対するダメ出しとなりますが、冗談っぽく伝えることで、「笑い」に変えることができる可能性があります。ただし、ハッキリ伝えることで、男性を傷つけてしまう恐れがあります。

  • 【9】「私じゃダメなの?(笑)」と冗談で話をごまかす。

    「私じゃダメなの?」と冗談を言い、話題を変えるパターンです。察しの良い男性であれば、話をごまかすことで、「断られているんだ。」と理解し、引き下がる可能性があります。ただし、「本当に俺のことが好きなのかな?」と真に受ける可能性があるので、冗談として伝わるような工夫が必要となります。

実際にみなさんが言えそうな断り文句はあったでしょうか。また、今回紹介した項目より、もっと良い断り文句があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock