「声をかけづらい」と思われる女性のタイプ8パターン


男性から話しかけられ、会話が盛り上がり、デートに発展していくケースも多くあるのではないでしょうか。しかし、学校や職場、ときには合コンやパーティーにおいて、「声をかけづらい女性」だと思われてしまっては、恋のチャンスが失われてしまう恐れがあります。そこで今回は、「『声をかけづらい』と思われる女性のタイプ8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】美人過ぎる人

    美人過ぎるあまり、男性が自分とは釣り合わないと感じ、声をかけることを控えるパターンです。美人だからといって、得することばかりではなさそうです。

  • 【2】女の子同士で異常に盛り上がっている人

    学校や職場などで、男性と話さず、常に女友達だけで盛り上がっていると、男性がおじけづいてしまい、話しかけられないパターンです。ときには一人でいる時間をつくることで、男性は話しかけやすくなるかもしれません。

  • 【3】男友達がイケメンばかりの人

    周りの男友達がイケメン揃いだった場合、「自分ではとても相手にされないかもしれない。」と不安になり、話しかけることを控える男性もいるかもしれません。イケメンに限らず、様々なタイプの男友達と話していれば、周囲の男性に「俺も話しかけて大丈夫かもしれない。」という安心感を与えることができるでしょう。

  • 【4】目が合っても、すぐに逸らす人

    目が合っても、逸らされることで、男性が「自分は嫌われているのかもしれない」と不安になり、話しかけることを控えるパターンです。目が合ったときは、笑顔を返す、手を振る、会釈をするなど、何かしら反応すれば、男性はテンションがあがり、積極的に話しかけてくれるかもしれません。

  • 【5】笑顔がない人

    笑顔がないことで、無愛想で冷たい人なのではないかという印象を与え、「話しかけづらい人」と思われるパターンです。すれ違ったり、目が合ったときなどは、笑顔を見せることで、男性も話しかけやすくなるでしょう。

  • 【6】ケータイをいじる、本を読むなど、一人の世界に没頭している人

    ケータイや読書によって、一人の世界に没頭している姿を見せることで、「私に話しかけないでほしい。」というメッセージとして受け取り、話しかけることを控えるパターンです。話しかけられそうなチャンスがあるときは、ケータイや本は片付けて話かけられやすい環境をつくると良いでしょう。

  • 【7】明らかに落ち込んでいる人

    マイナスのオーラを全開で放っているパターンです。女性が落ち込んでいるとき、どのような言葉をかければ良いのか分からない男性も多いようです。しかし、本当に落ち込んでいるときは、話しかけられたくないと思う方が多いので、無理する必要はないでしょう。

  • 【8】質問しても、「はい。」「別に。」と冷たく答える人

    男性が勇気を出して話しかけたものの、「はい。」や「別に。」など冷たく対応され、 男性が困ってしまうパターンです。会話が続かないので、「話しかけづらい人」というレッテルを貼られる恐れがあります。できる限り愛想良く振る舞いたいものです。

該当する項目がいくつも当てはまった場合、もしかしたら男性に「声をかけづらい女性」だと思われているかもしれません。また、「声をかけづらい女性」だと思われる行動は、他にはどのようなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock