彼氏がいなくて、寂しいと感じる瞬間8パターン


突然訪れる、彼氏がいない寂しさ。しかし、恋人がいない寂しさにより、「恋愛しよう!」と行動的になることもあるのではないでしょうか。行動的になることで、新しい出会いにつながるかもしれません。そこで今回、自分の寂しさの感度を確かめ、行動的になるキッカケとなるように「彼氏がいなくて、寂しいと感じる瞬間8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】クリスマスやバレンタインデーなどの時期、幸せそうなカップルを見た瞬間

    クリスマスやバレンタインデーなどの時期にカップルを見かけて、寂しさを実感するパターンです。「寂しい女」と思われる恐れがあるため、期間中は他の男性にアプローチしづらくなります。ただし、同じように寂しく過ごしている男性の場合、女の子からの連絡は嬉しいものです。リスクはありますが、気になる男性に連絡しても良いかもしれません。

  • 【2】カップルが多くいるデートスポットに一人でいた瞬間

    デートスポットに行ったとき、周囲がカップルだらけで、寂しさを感じるパターンです。ラブラブなカップルを見て、「恋人が欲しい!」と強く願う方もいらっしゃるのではないでしょうか。寂しい気持ちが高まったとき、気になる男性にメールをするなど積極的に行動してはいかがでしょうか。

  • 【3】友達に彼氏ができたのを知った瞬間

    恋人がいなかった友達に彼氏ができたパターンです。友達に恋人ができたことに喜びを感じる一方で、寂しさを感じる瞬間です。友達と過ごす時間が減った分は、合コンなどに出向くなど、今までと違った時間の使い方を考えるチャンスでしょう。

  • 【4】女友達を遊びに誘ったとき、「彼氏と会う約束があるの。」と断られた瞬間

    女友達を遊びに誘ったものの、「彼氏と会う約束があるの。」と断られ、断られた寂しさと、彼氏がいない孤独を感じてしまうパターンです。女友達の代わりに、勇気を出して男性を誘ってみてはいかがでしょうか。

  • 【5】金曜日の夜、一人で食事をしていた瞬間

    金曜日や休日の前日に、一人で食事をしていて、寂しさを実感するパターンです。一人の食事は気を使わず、快適に感じることもありますが、孤独を感じることも多いのではないでしょうか。仲の良い男性に「今日、一人で寂しい!」という叫びをメールで送るなど、積極的に働きかけてはいかがでしょうか。

  • 【6】勉強や仕事のプレッシャーで誰かに甘えたいと思った瞬間

    勉強や仕事のプレッシャーやストレスで、誰かに甘えたいと思っても、甘える相手がいないことで、寂しさを感じるパターンです。「勉強や仕事の相談をする」というキッカケを作り、気になる男性にアプローチしてはいかがでしょうか。

  • 【7】恋愛ドラマがハッピーエンドで終わった瞬間

    恋愛ドラマを見て、ハッピーエンドで終わったとき、「自分には恋人がいなくて寂しい。」と感じるパターンです。「あのドラマを見た?」という話題をキッカケに男性に連絡をして、ドラマの話で盛り上がることで意気投合するかもしれません。ただし、男性がドラマを見ていない可能性も考えられるので、その場合はドラマの内容を説明する形で会話を盛り上げるなどの工夫が必要となるでしょう。

  • 【8】付き合っていた彼氏と別れた瞬間

    付き合っていた彼氏と別れることで、寂しさを感じるパターンです。また、好きな人に告白して振られてしまったときも同じような寂しさを感じるのではないでしょうか。失恋は辛いですが、「失恋は新しい恋の始まり」として、できるだけ前向きに考えられる日がきっとくるでしょう。なお、誰かに寂しい気持ちを受け止めてもらうために、友人に話を聞いてもらっても良いでしょう。

みなさんが「寂しい」と感じる瞬間はあったでしょうか。また、今回紹介した項目以外で、「彼氏がいなくて寂しい」と感じる瞬間があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock