男性が告白することを控える理由8パターン


デートを何度も繰り返し、「そろそろ告白されるかな?」を期待しつつも、なかなか告白されずに悶々としている方もいらっしゃるのではないでしょうか。男性はなぜ告白することを控えているのでしょうか。そこで今回、男性の本音を探るべく「男性が告白することを控える理由9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】告白するタイミングを作り出せないから。

    気持ちの準備はできているものの、告白するようなムードを作ることができず、告白することを先送りしているパターンです。二人きりになれる場所に誘ってみるなど、女の子から積極的にアプローチしても良いかもしれません。

  • 【2】断られることを恐れているから。

    「振られるかもしれない・・・」という恐怖心があり、告白に踏み切れないパターンです。男性に勇気を与えるために、積極的なアプローチを心がけてみてはいかがでしょうか。男性が「脈があるかも!」と感じることができれば、告白してくれるかもしれません。

  • 【3】いまの関係を壊したくないから。

    友達として仲の良い関係を壊してしまうことが恐れるパターンです。このようなリスクを理解した上で、告白を断行する勇気が男性に求められます。場合によっては、女の子から告白することも検討してよいパターンとも言えるでしょう。

  • 【4】好きな女の子には、別の好きな人(恋人)がいると思っているから。

    噂話や男性の思い込みで、「他に好きな人がいる。」と思っているため、告白しても勝ち目がないと思い、告白することを控えるパターンです。男性の思い込み、誤解を避けるために、「○○さん、素敵だよね。」など、他の男性を褒めることは控えた方がよいでしょう。

  • 【5】好きな子と不釣り合いだと感じているから。

    男性が自信を持つことができずに踏み切れないパターンです。男性自身の気持ちの問題であるため、実際に告白するまでに時間がかかることも予想されます。「○○さんと一緒にいて楽しい!」「○○さんは尊敬できる!」など、男性を褒めることで、「不釣り合いだ・・・」というマイナスの感情がプラスに変わってくるかもしれません。

  • 【6】恋愛よりも優先するべきことがあるから。

    受験や就職活動、仕事など、恋愛よりも優先するべきことがあり、「いまは恋愛している場合ではない・・・」と自分の気持ちを抑えているパターンです。男性が「いま優先したいこと」を温かく見守ってあげることで、然るべきタイミングで告白してもらえるかもしれません。

  • 【7】友人が自分の好きな人と同じ人を好きだと知ったから。

    友人に遠慮して、告白を控えるパターンです。男性が友人に自分の気持ちを伝えるなど、男性の対応を待つ必要があります。なお、そのことを女性が知った場合、自分から男性の友人は恋愛対象ではないことをハッキリと伝えることで、男性が友人と話し会うキッカケとなるかもしれません。

  • 【8】好きな子の元カレが大切な友人だから。

    気になる女性の元カレが大切な友人であり、告白できずにいるパターンです。元カレが友人だった場合、友人の心情に配慮し、遠慮する男性も多いようです。男性自身の気持ちの問題なので、焦らず見守る必要がありそうです。

気になる男性に当てはまりそうな理由があったでしょうか。彼氏や男友達から聞いたことのある、「告白を控える理由」が他にもあれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock