デート中に男性が落ち込む瞬間8パターン


デート中、何気ない一言によって、男性の顔色が変わってしまった経験を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。些細な一言が、男性の心を傷つけ、次回のデートに誘うことをためらわせることもあるようです。では一体、どのような言葉によって、男性はショックを受けてしまうのでしょうか。そこで今回、「デート中に男性が落ち込む瞬間8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「睡眠不足で体調が悪い。」と何度も言われたとき

    体調が悪いことを露骨に表現するパターンです。最初は心配していた男性であっても、次第に「自分のデートが軽視されているんだ・・・」と思い、落ち込んでしまう可能性があります。十分な睡眠を取って、デートに臨んだ方が良さそうです。

  • 【2】デート中にケータイを見つめていることが多いとき

    デート中に、ケータイを頻繁に見るパターンです。何気なくメールをチェックしていたとしても、男性に「自分と向きあってもらえていない・・・」と感じ、落ち込んでしまう可能性があります。男性がいないところで、コッソリとケータイをチェックするなどの配慮が必要でしょう。

  • 【3】友達から電話が来て、盛り上がってしゃべっているとき

    デート中にかかってきた友人からの電話に出て、盛り上がってしまうパターンです。電話が終わることを待っている男性は、孤独を感じ、落ち込んでしまう可能性があります。デートが終わったタイミングでかけ直す配慮があると良いでしょう。

  • 【4】「ちょっと一人で見ていい?」とウィンドウショッピングで別行動を提案されるとき

    気になるアイテムをチェックしたいときに言ってしまう恐れがある一言です。僅かな時間であっても、別行動を提案された場合、「俺と過ごす時間は楽しくないのかな・・・」と不安を与える可能性があります。別行動はできるだけ控えた方が良いでしょう。

  • 【5】「このお店、来たことあるー!」と言われたとき

    気合い入れて選んで案内したお店に入ったときの一言です。「このお店、来たことあるー!」などの一言によって、「努力が報われなかった・・・」と落ち込ませる可能性があります。「このお店、素敵だよね!」などの表現で、男性の選んだお店を褒めるような心遣いがあると良いでしょう。

  • 【6】「ちょっと早めに解散しようか?」と提案されたとき

    デートを早めに切り上げようと提案したときの一言です。「俺とのデートが退屈だから、早めに切り上げるのかな・・・」と落ち込んでしまう可能性があります。早めに切り上げたい場合には、家の用事があるなどの理由を付け加えれば、男性にショックを与えず、納得してもらえるでしょう。

  • 【7】「この後、(男)友達と約束があるの。」とデート後にも予定があることを明らかにしたとき

    デートの後に予定を入れていることを明らかにしたパターンです。男性は「自分のデートは時間潰しなのかな・・・」とマナイス思考となり、落ち込んでしまう可能性があります。さらに、男友達と会う予定だった場合、さらに男性にショックを与える恐れがあります。男性と約束がある場合には、男性と告げずに「友人」と表現した方が、与えるショックを最小限にできるでしょう。

  • 【8】デート終了後にメールを送ったが、返信が来ないとき

    デートが終わった直後にお礼メールを送ったのに、女の子から返信が来ないパターンです。返信が来ないことで、「デートで悪印象を与えたのかな・・・」と落ち込んでしまう可能性があります。変な誤解を避けるために、デート後のメールに対しては、その日のうちに返信した方が良いでしょう。

みなさんが言ったことのある一言はあったでしょうか。また、男性が傷つく一言は他にもたくさん存在するでしょう。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock