「恋に恋している人」に見られる特徴8パターン


友人に恋愛相談を受けてもらったとき、「恋に恋しているだけだ!」とアドバイスされて戸惑ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。では一体、「恋に恋している」とはどのような状況なのでしょうか。「追いかける恋が好き。」、「相手ではなく、恋している自分が好き・・・。」など様々な意見が存在するようです。そこで今回は、「『恋に恋している人』に見られる特徴8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】相手の性格をあまり知らなくても好きになる。

    男性の見た目で恋に落ちてしまう一目惚れのパターンです。ただし、「恋に恋している人」は、男性の性格について知ろうとせず、「カッコイイ!」と騒ぎ、心を躍らせ、実際に行動を起こさない傾向があるようです。

  • 【2】好きな人を遠くで見ているだけで満足する。

    実際に話しかけることなく、遠くから見ているだけで満足してしまうパターンです。実際に恋を実らせるためにも、勇気を出して話しかけるなどの働きかけをすることで、新たに好きな人の魅力を知ることができるかもしれません。

  • 【3】「あの人のために◯◯を頑張る!」と自分のエネルギーに変える。

    恋をエネルギーに変えるパターンです。恋を通じて、仕事やプライベートを充実させることができます。実際にお付き合いできるようになれると、もっと大きな充実感を得ることができるでしょう。

  • 【4】「彼はこうじゃないと!」と自分の理想を作り上げる。

    相手のイメージを作り上げ、そのイメージに恋をしているパターンです。「そんなとき、彼だったら○○なはず。」と妄想し、友人に伝えて盛り上がります。ただし、男性の本来の性格は、理想とかけ離れている可能性があるので、注意が必要です。

  • 【5】理想のデートなど、妄想を続けている。

    実際にデートをせずに、理想のデートについて妄想し続けるパターンです。デートの妄想で十分に幸せな気分となり、満たされてしまうようです。実際にデートした方が充実した時間を過ごせる可能性があるので、妄想は程々に抑え、積極的にアプローチした方が良いでしょう。

  • 【6】熱しやすく、冷めやすい。

    「恋に恋している人」は、好きな人の入れ替わりが頻繁なようです。実際にアプローチする前に、気持ちだけが盛り上がり、ちょっとしたキッカケで熱が冷めてしまう方がいるようです。気持ちが盛り上がり、テンションが高いときに、実際にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】男性との駆け引きを楽しむ。

    恋の駆け引きに対して、充実感を覚えているパターンです。男性に対する恋愛感情はあるものの、それ以上に「恋している自分」に喜びを感じているようです。

  • 【8】恋が叶ってしまうと冷めてしまう。

    「片思いしている」という状態に喜びを感じているので、追われる立場になったり、恋が叶ったりするとテンションが下がってしまうようです。

みなさんは「恋に恋している」タイプだったでしょうか。また、「恋に恋している人」には、紹介した以外の特徴が他にも存在すると思います。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock