自信がない彼を勇気づける一言8パターン


すぐに落ち込んだり、自信をなくしてしまう繊細な男性は結構います。ときには自信のなさや、根拠のない不安のせいで二人の関係に危機が訪れることもあるようです。では、そんな彼にハッパをかける時にはどんな言葉が効くのでしょうか。今回は、「自信がない彼を勇気づける一言8パターン」を紹介します。

  • 【1】「わたしの友達がほめてたよ」

    自信がなくて、しかも疑り深い彼に効果的な言葉です。仕事や勉強、容姿についてなんでもいいので友達がほめていたと伝えてみましょう。友達からの客観的な評価ならきっと信用してくれます。ただし「何をほめてくれたの?」と聞かれることもあるので、友達が実際に褒めていない場合は、答えを準備しておく必要があります。

  • 【2】「自信過剰の人よりもいいと思うよ!」

    「僕には男らしさが足りないし、自信もない」と悩んでいる彼に効果的です。自信過剰の人は嫌われがちなので、「確かにマシかも」と思ってくれるでしょう。ただ、自信がないままでも良くないので、「少しは自信もってね」と付け加えるとより良いかもしれません。

  • 【3】「わたし、男見る目あると思うんだけど」

    彼が「自分には将来性がないんじゃ・・・」と思っている時には、この言葉がいいかもしれません。というのも、女性の「男性の将来性まで含めて見抜く力」に感心させられる男性が多いからです。見る目ある女の子が自分を選んだとわかれば、きっと自信がわいてくるはず。

  • 【4】「今のあなたのままで良いと思う」

    仕事や勉強で、自分の能力を悲観している時などに効果的です。無理しなくていい、そのままでいいという思いが伝われば彼の自己嫌悪感も薄まり、自分らしさを取り戻してくれるかもしれません。

  • 【5】「大丈夫。一緒にいられるだけで十分だよ」

    「ひょっとしたら自分のデート、イケてないんじゃ・・・」という彼には、一緒にいられるだけで幸せだと伝えてあげましょう。デートのプレッシャーを取り除いてあげることで、彼らしさがより見えてくるかもしれません。

  • 【6】「今、大変な分、後でいいことあるって!」

    仕事などミスで「もう俺はダメだ...」と落ち込んでいる時に効く言葉です。ミスしたときはそのことで目の前が真っ暗になりがち。でも、世の中に目を向けさせれば、自分よりいい人もダメな人もいることに気づくので、ちょっと勇気が出るかもしれません。

  • 【7】「そうやって、自信がないところがカワイイよね」

    彼の自信のなさを逆に褒めてしまうパターンです。「自信がない自分も好かれている」と安心すれば、彼の行動も変わってきます。年下の彼氏には有効ですが、年上の場合はイラっとされてしまうかもしれません。

  • 【8】「私を好きにさせたんだから!ねっ」

    人と比べて自分の容姿や収入に劣等感を感じている彼を安心させる言葉です。理想が高い女の子が使うとより効果的かもしれません。

自信がない彼を勇気づける言葉には、他にどんなものがあるのでしょうか? または、どんな言葉をかけた時、彼の自信が回復しましたか? みなさんからのご意見お待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock