男性が大きなショックを受けてしまう一言8パターン


男性は繊細な生き物。些細な言葉であっても、男性の心を深く傷つけていることがあります。では実際に、どのような言葉で、男性は大きなショックを受けてしまうのでしょうか。そこで今回は、無意識に男性を傷つけることがないように、「男性が大きなショックを受けてしまう一言8パターン」をご紹介させていただきます。

  • 【1】「器が小さいね。」

    男子たるもの「自分の器は大きい!」と願いたいもの。「器が小さいね。」という何気ない一言は、男性に大きなショックを与えることになります。

  • 【2】「余裕ないなぁ。」

    精神的に余裕を持った状態で、女の子と接したいと思っている男性は多くいます。「余裕ないなぁ。」という一言によって、精神的な余裕を無くし、男性が取り乱す恐れがあります。

  • 【3】「それでも男なの?」

    改めて性別を問うパターンです。小さい頃に母親から言われた、「男の子なんだから、泣かないの!」というセリフを彷彿させ、男性に衝撃を与えます。男性が自身の不甲斐なさを実感し、大きなショックを受けることになるでしょう。

  • 【4】「案外、体力ないね。」

    体力自慢をしたがる男性も多くいます。特に筋力を自慢する男性に対して、「案外、体力ないね。」と言い放った場合、男性のプライドを傷つけることになります。

  • 【5】「そのサングラス、やめた方いいよ。」

    男性がカッコイイと思われようと身に付けたサングラスを批判するパターンです。ストレートに批判することで、男性を恥ずかしい気持ちにさせます。たとえ、似合わないサングラスであっても、そっとしておくことも優しさなのかもしれません。

  • 【6】「口ばっかりだから、説得力ないよね。」

    饒舌な男性に対して、言ってしまいそうな一言です。「口ばっかりの男性」は、他でもない本人が自分の説得力のなさを理解しているものです。それにも関わらず、指摘されることで大きなショックを受けるでしょう。

  • 【7】「歯、磨いてきた?」

    息が臭いことを伝える一言です。言われた男性は、「俺の息、臭い?」とも聞けず、 「一応、磨いてきた・・・」としか答えないでしょう。口臭がひどいことを確信し、なるべくしゃべらないようにする可能性があります。ストレートに言わず、ガムを渡すなどすると良いでしょう。

  • 【8】(お腹を触り)「プヨプヨ?でかわいい?。」

    お腹を触りながらの一言です。引き締まった肉体に憧れ、こっそりとトレーニングしている男性もいます。その場は笑顔であっても、実際はショックを受けている可能性があるので、注意したいものです。

みなさんが言ったことがある一言はあったでしょうか。他にも男性を傷つける一言はたくさん存在すると思います。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock