「恋って、つらい・・・」と感じる瞬間7パターン


恋において、悩みはつきもの。一人で悩んでいると、その状況の苦しさから、「恋って、つらい・・・」と思うこともあります。みなさんは、どのような瞬間に「恋のつらさ」を感じるのでしょうか。そこで今回、「同じように感じている人がいるんだ」と共感していただけるように、「『恋って、つらい・・・』と感じる瞬間7パターン」をご紹介させていただきます。

  • 【1】メールの返事が来ない、その理由をいろいろと想像してしまったとき。

    気になる男性からメールの返事が来ないパターンです。つい何度もケータイをチェックしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。メールが来ないことで、いろいろな想像をしてしまい、「恋のつらさ」を実感する方も多いのではないでしょうか。

  • 【2】話せない日が続いたとき。

    好きな人と話す機会がないことで、不安になるパターンです。会話の頻度が少なくなることで、気持ちが離れてしまうと思った経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。会えない場合には、メールでメッセージを伝えるなど工夫すると良いでしょう。

  • 【3】他の女性と楽しそうに話している一方、自分には素っ気なかったとき。

    他の女性と話すことで、嫉妬してしまうパターンです。他の女性と会話して、盛り上がっている一方で、自分との会話では盛り上がらなかった場合、「自分は嫌われているのでは・・・?」と不安になるものです。

  • 【4】好きな人にとって自分は理想の女性像ではなかったとき。

    好きな人の女性の好みが自分とかけ離れたタイプだったことが耳に入った瞬間です。理想のタイプやこれまでの恋人のタイプを聞いたとき、自分自身は恋愛対象外ではないかと思い、落ち込んだことがある方もいらっしゃるでしょう。しかし、理想の相手と実際に付き合う相手は異なることがあります。落ち込むことなく、果敢にチャレンジしてはいかがでしょうか。

  • 【5】好きな人に彼女ができたとき。

    片想いの相手に新しい恋人ができたときは、大変落ち込むもの。まずは気持ちを落ち着かせるために、友人に話を聞いてもらってはいかがでしょうか。

  • 【6】片思いの彼から思わせぶりな態度はあるものの、告白などはないとき。

    告白されずに悶々と時間を過ごしたことのある方もいらっしゃるのではないしょうか。告白の直前は、恋の駆け引きをする男性も存在します。男性からの駆け引きに負けず、男性をコントロールしたいものです。

  • 【7】どんなに大好きでも一緒になれないと分かっているとき。

    絶対に振り向いてもらえないと分かっている片想いや恋人がいる人を、好きになってしまったときのパターンです。「好きだけど、絶対一緒になれない・・・」という状況が苦しく、悩んだことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。無謀な恋は、時に身を引くことも必要でしょう。

みなさんが共感できるパターンはあったでしょうか。また、「恋って、つらい・・・」と感じる瞬間は、他にはどのような状況があるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock