彼氏への甘え方9パターン


付き合った彼氏から、「もっと甘えていいんだよ。」と言われ、戸惑っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。彼氏に甘えることは、意外と難しいものです。では実際に、どのような甘え方があるのでしょうか。今回は、みなさんに甘え上手になっていただくために「彼氏への甘え方9パターン」をご紹介させていただきます。

  • 【1】自分から手をつなぐ。

    突然、女の子から手をつなぐパターンです。男性から手をつないでくる関係だった場合、彼氏を驚かせることができます。付き合ったばかりの頃は、ドキドキしますが、勇気を出して実践してみてはいかがでしょうか。

  • 【2】ニコっと笑いながら彼の腕にしがみつく。

    彼の腕にしがみつくパターンです。待ち合わせ場所で会ったタイミングや彼氏が嬉しいことを言ってくれたタイミングで、腕にしがみつきましょう。笑顔でしがみつくことで、彼氏を喜ばせることができるでしょう。

  • 【3】頑張れば自分でもできそうなことをあえて頼んでみる。

    彼氏に頼るパターンです。荷物を持ってもらうなど、頑張れば自分でもできることをあえて彼氏にやってもらいましょう。頼られた彼氏のテンションは上がり、率先して手助けしてくれるでしょう。

  • 【4】2人で座っているとき、頭を彼氏の肩にもたれかかる。

    電車など、横並びの座席で座っているときのパターンです。疲れたときなど、彼氏にもたれかかり、甘えましょう。肩にもたれかかることで、男性は「愛しい」と感じます。さらに、髪の毛のいい匂いが香ることで、喜ぶ男性もいるようです。

  • 【5】「寂しいなー、早く会いたいよー。」とメールする。

    週末のデートを控えて、会いたい気持ちを伝えるパターンです。寂しさを素直に伝えることで、彼氏を喜ばせることができます。ただし、「重い女・・・」と思われる可能性があるので、「週末のデートがあるから、今週頑張る!」など、前向きな内容を含めると良いでしょう。

  • 【6】「声が聞きたくなって。」と電話する。

    突然、電話をするパターンです。付き合いたてなら、「声を聞きたい」という些細な電話でも彼氏は嬉しいものです。寂しくなったときには、積極的に電話してはいかがでしょうか。ただし、何度も不在着信を残した場合、彼氏がビックリする可能性があるので、しつこく電話をかけないように注意した方が良いでしょう。

  • 【7】悩み相談を持ちかける。

    悩み相談を持ちかけるパターンです。自分のことをもっと頼りにしてほしいと願う彼氏もいるので、悩み相談を持ちかけることは有効な手段でしょう。具体的な解決にならなくても、「相談すること」自体が、彼氏にとっては価値のあることでしょう。

  • 【8】「ずーっと、一緒にいて・・・。」などと甘い言葉を放つ。

    気持ちを込めて、甘い言葉を伝えるパターンです。付き合ったばかりであれば、彼氏も喜んで言葉を受け入れてくれるでしょう。ただし、周囲の人に聞かれた場合、「バカップルだ!」と指摘される可能性があるので、周りに誰もいないことを確認した上で、伝えるようにしましょう。

  • 【9】目の前で泣く。

    悲しいことや落ち込んだことがあったとき、彼氏の目の前で泣き、慰めてもらうパターンです。付き合ったばかりであれば、他人には見せない素顔を見たがる男性もいるので、喜んでもらえる可能性があります。

自分のキャラクターにあった甘え方を見つけることができたでしょうか。彼氏に対する甘え方は、他にもたくさん存在すると思います。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock