デートに誘われたとき、男性をドキッとさせる返信メール9パターン


気になる男性からデートに誘われたときには、ついテンションが上がってしまうもの。その気持ちの高まりを活かして、返信メールで男性をドキッとさせる積極的なアプローチも可能ではないでしょうか。そこで今回は、男性をドキッとさせ、相手のテンションも上げるべく、「デートに誘われたとき、男性をドキッとさせる返信メール9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「突然ですごくびっくりしました。でも、とても嬉しかったです。」

    ビックリしたという率直な感想を伝えつつ、「嬉しかった」という喜びの感情も伝えるパターンです。誘っている男性も多少はドキドキしているものです。「嬉しかった」と喜んでいるのを伝えれば、男性を喜ばせることができるでしょう。

  • 【2】「◯◯さんからのお誘いなら、最優先で時間を空けます!」

    デートの予定を優先していることをアピールするパターンです。「いつも暇な女」という印象を与えることなく、かつ男性を喜ばせるメールとなります。ただし、若干偉そうな印象を与え、「いつもは忙しいのかな」と思われ、誘われにくくなる可能性があるので、過剰な表現は避けた方が良いでしょう。

  • 【3】「喜んで!(ハート)」

    絵文字を使って素直に感情を伝えるパターンです。シンプルな文面ですが、テンションの高さや喜びが表現され、メールを受け取った男性をドキッとさせることができるでしょう。

  • 【4】「今からすでにドキドキしています!」

    かなり甘い表現ですが、ちょっと過剰な表現くらいが、男性をドキッとさせるものです。中には、「もうその日が待ちきれませーん」とメールを送り、男性をドキッとさせる猛者もいらっしゃるようです。

  • 【5】「当日、とても楽しみにしています。」

    当日への期待を表現するパターンです。「今から待ち遠しい」というメッセージが伝わります。このメールを受け取り、ドキッとした男性は、女性を喜ばせるために気合いの入ったデートのプランを考えてくれるでしょう。

  • 【6】「一度、ゆっくりお話したいと思っていました!」

    デートの誘いを待っていたことを間接的に伝えるパターンです。相手に興味があることを伝えて、「脈ありかな?」という期待を高め、男性のテンションを上げることができます。

  • 【7】「◯◯みたいなところに行きたいー!」と要望を出す。

    デートを快諾する返事と共に、要望を伝えるパターンです。「観覧車に乗りたいー」などロマンティックな状況を提案することで、男性をドキッとさせることができます。

  • 【8】「これって、デートだと思っていいですか?」

    学校や会社が一緒であるなど、普段から顔を合わせる相手に対しては、「デートしよう!」と面と向かって言えない男性が少なくないものです。あえて女性から「デート」であることを再確認することで、男性をドキッとさせることができます。

  • 【9】「お泊まりセット持参で来てね。なーんてね。」

    冗談で「お泊りもありよ」と伝えるパターンです。男性をかなりドキッとさせますが、そのままの意味に誤解される恐れがあるので、その気がなければ冗談だと分かるように伝える必要があります。

みなさんのキャラクターにピッタリ合うメールはあったでしょうか。また、男性をドキッとさせる返信メールは他にもたくさん存在すると思います。みなさんが実践している返信内容があれば、ぜひ教えてください。
Photo:All images by iStock