男性を惹きつけるワガママの言い方8パターン


ものわかりが良くて、つつましい女性より、ちょっとワガママな女性のほうが男性受けが良かったりします。どうやら男性は、少しぐらい遠慮がなくてもリアクションが良く話しやすい女性につい気持ちが傾くようです。では、どうすれば程よいワガママで男性の心をつかめるのでしょうか。

  • 【1】タメ口でお願いする

    冒頭にあるように、「話しやすさ」のないワガママはただのワガママ、もしくは命令になってしまいます。「○○に連れてってー。」「○○が食べたいな。」と、話しぶりをフランクにすると、男性は「話しやすい」と感じます。

  • 【2】仕事帰りや夜遅くなど、急なタイミングで電話する

    いきなり女性から電話がかかってくると、男性はそれだけでドキドキしてしまいがち。迷惑そうなタイミングほど、逆に意外なタイミング、つまりドキドキしやすいタイミングなのです。また、その急な印象がお願いに切迫感を与え、男性の応えようとする気持ちを高めます。

  • 【3】「○○してくれるとうれしい!」と表現する

    要求に加えて、自分の感情も表現することで、男性も成果が見えやすくなり、やる気が起きます。また、認識自体も「めんどうなことをやってあげた」から「相手を喜ばせてあげた」に変わることがありますので、多少大げさに喜んでみるのもいいかもしれません。

  • 【4】何か決めるときは自分の希望をアピールする

    簡単にワガママアピールできる方法のひとつ。「中華かイタリアンか」「ショッピングか映画か」といった選択を自分で選びたがることで、男性は「相手にゆずってあげた」と気持ちよくなったりします。「絶対に中華がよかったのに!」なんて怒る男性はあまりいませんから。

  • 【5】男性が実現できそうなことは素直に伝える

    ワガママというほどではない、ライトなアピールです。「たこ焼き食べたいな。」など、すぐ実現できそうなことを口にすれば、相手は喜んで実行してくれるはず。そこで実現が難しそうなことを言うと、ワガママな女として印象を悪くする恐れがあるので注意です。

  • 【6】「他に頼れる人がいなくて・・・」と、「あなただけ感」をこめてお願いする

    たとえ軽いお願いでも、「あなただけ感」をこめてお願いすれば、男性は「この子を救えるのは自分しかいない!」と勇者のような気持ちになります。あまり連発すると効果は薄れますが、上級者になると何人もの男性に「あなただけ感」を振りまくことも・・・。

  • 【7】スキンシップしながらお願いする

    袖を引っ張ったり、腕をつかんだりしながらお願いすると、男性の?まんざらでもない気分?は一気に跳ね上がります。大げさなおねだりでなくても、ショッピング中に「あれ見たい!」と袖を引っ張るだけで、男性はデレデレついていくはずです。

  • 【8】会ったその時に「今日はお願いがあるんだけど・・・。」と打ちあける

    最初に言えばタイミングをはかる必要もありません。また、男性は改まって言われたことで一瞬緊張しますが、内容が買い物につきあう程度の話だったりすると、そのギャップに安心して話に乗ってくれやすくなるでしょう。上級編に、お願い自体をなかなか打ちあけず男性をじらす「時間差テク」があります。

みなさんが使えそうなテクはありましたか? また、「私だけのワガママテク」などあるのでしょうか。ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock