気になる人へ久しぶりに送るLINE・メール9パターン


密かに思いを寄せていたのに、告白できないまま卒業して離ればなれになったあの人。ちょっと前まで一緒に遊んでいたのに、最近は疎遠になってしまったあの人。誰しも、久しぶりに連絡を取ってみたい人がいると思いますが、LINE・メールを送るきっかけはなかなか思い浮かばないもの。そこで今回は、気になる人へ久しぶりに送るLINE・メールの内容を9パターン紹介いたします。

  • 【1】「メールアドレス変えました!」などの、お知らせ系

    自分にまつわる様々な情報が変わったことを知らせる定番のメール。文末を「ところで、最近どう?」で締めれば、交流を再開するきっかけを違和感なく作ることができるでしょう。 用例:「メアド変えました!」、「引越します」など

  • 【2】「誕生日おめでとう!」などの、お祝い系

    記念日や祭日を祝うメール。基本的に誰から送られても気分が良いため、テンションの高い返信を期待できるはず。 用例:「誕生日おめでとう!」、「あけましておめでとう!」、「メリークリスマス!」など

  • 【3】「面白いマンガ教えて!」などの、お尋ね系

    相手の男性が得意な分野や男子の文化についてのアドバイスを求めるメール。男友達が少ないことを強調すれば、突然送られても納得できるはず。 用例:「『ワンピース』と『ナルト』って、どっちが面白いの?」、「弟にネクタイをプレゼントするんだけど、どのブランドがいいかな?」など

  • 【4】「オシャレなカフェ見つけたよ!」などの、おすすめ系

    「お尋ね系」とは反対に、相手の好きな分野のホットな情報を教えるメール。希少価値が高いネタを画像付きで送れば相手は食いついてくるでしょう。 用例:『番長、激ウマなラーメン屋を発見しました!』など

  • 【5】「今、見かけたかも!」などの、お見かけ系

    街で偶然、相手を見かけたかもしれないことを告げるメール。間違っていたとしても、相手のことを潜在的に意識していることを伝えられる可愛らしいメールです。 用例:「も、もしかして今、すれ違った?」、「まさか今、○○駅にいる?」など

  • 【6】「暇? 飲みに行こーよ!」などの、お誘い系

    久しぶりに会いたいことをストレートに伝えるメールです。相手に潔い印象を与えられますが、断っても気まずくならないように軽さを出した方が良いでしょう。 用例:「久しぶりに飲みに行こーよ!」、「同窓会やりたくない?」など

  • 【7】「○○さんが結婚するらしいよ!」などの、噂話系

    共通の知人の最新情報を知らせるメール。同窓会や祝賀会などのきっかけ作りにも使えます。 用例:「○○先生が転任するらしいよ!」、「○○さんが店長になったんだって!」など

  • 【8】「風邪、大丈夫?」などの、心配系

    ヘコんでいる相手を励ますメール。共通の知人を介して事前にリサーチする必要がありますが、場合によっては強力な効果を発揮するでしょう。 用例:「○○ちゃんと別れちゃったの!? 元気出せ!」、「新型インフルエンザにかかってしまったそうですね。お大事に」など

  • 【9】「皆でコスプレしてみました!」などの、サプライズ系

    友達の間で流行っている爆笑系の画像や、超有名人と握手をしてもらったときの画像など、?すべらないネタ?を使って相手を驚かせるメール。普通にメールを送るのが照れくさいときに有効。また、相手からたくさんの質問が返ってくる可能性も高いです。 用例:「突然ですが、バンジージャンプに挑戦してみました!」など

LINE・メールを送るきっかけは意外とたくさんありそうです。試してみたいパターンはありましたか? 皆さんのご意見(成功談は特にウェルカム!)をお待ちしております。(アサハラヒ)
Photo:All images by iStock