結婚が遠ざかってしまう女性の傾向8パターン


同性が絶賛する素敵な女性ほど結婚をしていないし、する気配もない。その理由を突き詰めていたら、たくさんの男女の意見から、共通項目が浮かび上がってきました。今日は、周囲へのヒアリングから得た意見を基に「結婚が遠ざかってしまう女性の傾向8パターン」をお届けします。

  • 【1】一人暮しでペットを飼い始めた

    ペットより従順な男性は現れません。また寂しさが癒されてしまうため、誰かそばにいて欲しい!とパートナーを求める気持ちが薄れ、結婚を強くは望まない傾向にあるようです。

  • 【2】男性を部下とする管理職として活躍している

    いつの間にか頼りにされる側の態度が板につきます。またそんな自分を誇りに思っています。そうなると、よほどリードされない限り、誰かに頼るのが得意ではなくなってくるようです。

  • 【3】求める男性の条件が極めて厳しく、それを公言している

    結婚相手として求める条件を具体的に公言していると、合う相手を見つけやすそうですが、その条件や審査の目があまりにも厳しい場合には、紹介したいと思ってくれる人がいたとしても、友人を値踏みされそうで、ついつい二の足を踏まれてしまいます。

  • 【4】マンションを購入するなど、一人暮らしの環境が整備されている

    そんなつもりはなくとも、結婚する気がないと思われるようです。また一人で生きていけるイメージを持たれ、守ってあげたい存在として選ばれにくいという意見も。

  • 【5】結婚を意識するのは、両親から急かされたときだけ

    お盆や正月に親から言われたり、自分の年齢と照らし合わせて、「そろそろ結婚しなきゃなぁ」と思うものの、実は本人は結婚にさほど関心がありません。結婚を意識して相手を探そうという気持ちはあまりないようです。

  • 【6】「婚活しています!」と周囲にアピールしすぎる

    結婚できると噂のスポットを訪れたり、婚活パーティーに毎週参加していたりと、あまりに積極的な婚活をしていると、身近な男性からひ引かれてしまうこともあるようです。

  • 【7】不倫の恋愛しかできない

    一度、既婚者の包容力を心地よく感じてしまうと、抜け出せないという意見も。また、しばらく結婚はいいから恋愛だけしていたいと都合よく不倫を選んで、そのまま抜け出せなくなったというケースもあるようです。

  • 【8】長い間恋愛に関心が持てない

    結婚どころか、恋愛感情がもう一度自分に起こるのか不安に思っている人もいるようです。

皆さんはどんな状態のときに、結婚が遠ざかってしまいそうだと感じますか?ご意見をお聞かせください。(高野美穂 / STYLE?CREATE)
Photo:All images by iStock