男性のテンションが下がる女性のメールアドレス7パターン


ケータイのメールアドレスは赤外線での交換が当たり前となり、いちいち中身など確認しなくなりましたが、ふと目に入った女性のアドレスに男性が違和感を抱くこともあります。では、どんなアドレスが男性の邪推を引き起こしてしまうのでしょうか。

  • 【1】アドレス自体がちょっと重いメッセージになっている

    「zettaimailshitene(絶対メールしてね)」といったメッセージが含まれていると、どちらかというと女の情念のようなものを感じてビビッてしまう男性のほうが多いようです。

  • 【2】流行りの一発ギャグが入っている

    保守的な男性はこういうネタをあまり好みません。加えて、一時的な流行をアドレスという変更の面倒なものに使う計画性のなさに、将来への不安を抱かれる可能性もあります。

  • 【3】名前だけ

    「kumi@?」などのシンプルすぎるアドレスは、さっぱりしていて気持ちがいいという意見と、なんかそっけなくて冷たい印象という意見に分かれるようです。

  • 【4】男性の名前が入っている

    たとえペットの名前だとしても、男性の名前が入ったアドレスは「元カレ?」「二股?」と、余計な邪推を働かせるおそれがあるので、避けたほうが無難でしょう。

  • 【5】初期設定のままで暗号のようになっている

    初期設定のままの「Xpz9nK6y@」といったアドレス。これではあまりかわいげがない上に、「メールアドレスの設定もめんどくさがるズボラさんなのでは・・・?」と、女子力を疑われてしまいます。

  • 【6】高級ブランドの名前が入っている

    好きなものを取り入れることは悪くありませんが、高級ブランドとなると、「見栄っぱり」「金のかかる女」など、男性を及び腰にさせる可能性があるので危険です。

  • 【7】男性のタレントやバンドの名前が入っている

    現実的な存在ではないとわかっていても、いちいちこういうものに嫉妬してしまう男性もいます。

みなさんは、逆に男性のメールアドレスを見てうんざりした経験などあるのでしょうか。ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock