別れ話で言わない方が良いセリフ9パターン


別れ話が得意な人は少ないはず。しかし、別れを切り出す側が踏ん張って失言を防ぎ続ければ、なんとかスムーズに話し合いを終えることができるはずです。逆に、ちゃんと言葉を吟味して使わないと、いつまでも相手が食い下がってきてお互いに疲れ果ててしまいます・・・。そこで今回は、別れ話で言うべきではないセリフを9パターン紹介いたします。

  • 【1】「直接話すと辛いから、電話で言いたいの。別れよう、私たち。」

    電話やメールだけで別れを突きつける自己完結型のセリフ。これを言っても「別れるor別れない」の前に、「最後に会うor会わない」で揉めてどんどん論点がズレていくので、最初から別れ話は直接顔を合わせて切り出した方がいいでしょう。

  • 【2】「別れても友達でいてくれる?」

    別れた後も仲の良い友達でいようとすると、お互いの足を引っ張り合うズルズルとした関係になってしまうことも。一度きっぱりと縁を切る覚悟がないと、いつまでも精神的に別れることができないはず。

  • 【3】「私のこと、忘れないでね。(あなたのこと、忘れないよ)」

    「忘れないでね」は、これから別れようとする相手の心に取り憑こうとする、ちょっと残酷なセリフです。結果的に相手が次の恋愛に進めなくなっても責任を取るのは難しいので、安易に言わないほうがよいでしょう。

  • 【4】「あなたのことが嫌いになったわけじゃないの。」

    別れ話に?相手を傷つけたくない?という感情を込めると、裏目に出る場合が多々あります。特に「嫌いじゃない」という中途半端なセリフは、発する側と受け取る側で大きく解釈が変わるので、話し合いがどんどん長引いてしまうでしょう。

  • 【5】「あなたがやさしすぎるからダメなの。」

    「やさしすぎる」と言われても、ダメ出しなのか褒められているのかわからず、何も伝わりません。言葉を濁さず「男らしくないからイヤ。」と言って引導を渡すなど、鬼に徹して突き放す方が相手も諦めやすくなるでしょう。

  • 【6】「あなたなら、きっと私よりもいい人と出会えるよ。」

    余計なお世話。自分から別れを告げた相手に、フォローのつもりで「あなたはいい人だから○○だよ。」と男性としての魅力を伝えても、説得力はゼロです。また、微妙に上から目線の発言なので、相手をイラッとさせてしまう場合も。

  • 【7】「・・・・・・(泣)」

    たとえ腹が減って泣いているだけだとしても、男性は「まだ俺に気があるんだ」と、女性の涙を都合良く受け取る傾向があります。勘違いの種になるので、涙はガマンです!

  • 【8】「次は○○さんと付き合うの。」

    逆恨みをされる可能性があるので、次の恋人の情報は具体的に言わないほうがいいでしょう。遺恨を残さず、鮮やかに立ち去るべし。

  • 【9】「ぶっちゃけ、ウザイ!」

    別れるからといって、手の平を返すようにキャラを豹変させるパターン。相手が女性不信に陥る可能性が高く、結果的に友人に悪口をバラまかれるような最悪の事態になりかねません。

考えてみると、別れ話って禁句ばかり!? 他にもまだまだNGワードが隠れていそうです。皆さんのご意見をお待ちしております。(アサハラヒ)
Photo:All images by iStock