泥沼化を避けたければ、別れ話で言わないほうがいいセリフ9パターン


交際中の彼氏に別れを切り出す場合、言ってはならないセリフというものがあるようです。お互い傷つけあうような修羅場を招いたり、いつまでも未練を持たれて相手をストーカー化させたりするような事態を避けたければ、どんな「失言」に気を付ければいいのでしょうか。そこで今回は、「泥沼化を避けたければ、別れ話で言わないほうがいいセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「直接話すと辛いから、電話で言いたいの。別れよう、私たち」

    電話やメール、LINEなどで、一方的に別れを突きつけるパターンです。この方法をとると、「別れるor別れない」の前に、「最後に会うor会わない」で揉めてどんどん論点がずれてしまうので、最初から別れ話は直接顔を合わせて切り出したほうがいいでしょう。

  • 【2】「別れても友達でいてくれる?」

    別れたあとも仲のいい友達でいようと虫のいいことをお願いするパターンです。中途半端な距離感のままズルズルとした関係になると、いつまでも精神的に別れることができなくなってしまうので、一度きっぱり縁を切る覚悟も必要でしょう。

  • 【3】「私のこと、忘れないでね」

    「忘れないでね」という呪いの言葉で、これから別れようとする相手の心を縛ってしまうパターンです。結果的に相手が次の恋愛に進めなくなっても責任を取るのは難しいので、安易に言うべきではないでしょう。

  • 【4】「あなたのことが嫌いになったわけじゃないの」

    別れ話に「相手を傷つけたくない」という感情を込めたせいで、裏目に出てしまうパターンです。特に「嫌いじゃない」というセリフは、発する側と受け取る側で大きく解釈が異なるので、話し合いがどんどん長引いてしまうでしょう。

  • 【5】「あなたがやさしすぎるからダメなの」

    「やさしすぎる」と言葉を濁したせいで、ダメ出しなのか褒めているのかわからず、真意が伝わらないパターンです。この期に及んで期待を持たせるのは残酷なので、「男らしくないからイヤ」とはっきり突き放したほうが相手も諦めやすくなるでしょう。

  • 【6】「あなたなら、きっと私よりもいい人と出会えるよ」

    「もっといい出会いがある」というフォローのせいで余計なお世話だと思われてしまうパターンです。自分から別れを告げた相手に、男性としての魅力を伝えても説得力はゼロなので、今さらいい人ぶるのはやめましょう。

  • 【7】「……(泣)」

    涙を見せることで、相手に「本当は別れたくなくて泣いているのでは?」と勘違いされてしまうパターンです。女性の涙を都合よく受け取る男性は少なくないので、胸に込み上げるものがあっても、ここはグッと我慢しましょう。

  • 【8】「次は○○さんと付き合うの」

    心変わりのきっかけとなった「新恋人」の存在を知らせて修羅場を招くパターンです。真実を告げたところで、理解を得られるはずもないので、「浮気女!」と罵られたくなければ、何も言わないほうがいいでしょう。

  • 【9】「ぶっちゃけ、ウザイ!」

    別れるからといって、手の平を返すように態度を変えて相手を女性不信にさせてしまうパターンです。友人に悪口をバラまかれたり、ネットで秘密の写真を公開されるような最悪の事態も考えられるので、わざわざ逆恨みされるようなセリフを言うべきではないでしょう。

考えてみると、別れ話って禁句ばかり!?ほかにもまだまだNGワードが隠れていそうです。皆さんのご意見をお待ちしております。(アサハラヒ)
Photo:All images by iStock