彼氏の友達を紹介されたときのベスト行動集9パターン


彼氏の友達と会うことには試験的な側面もあります。友達を敵にまわしてしまうと、つきあう上で大きな障害となりますし、逆に愛嬌を振りまきすぎても、彼氏がヘソを曲げてしまうことがあります。では、どういった行動がよい結果につながるのでしょうか。

  • 【1】人の発言には笑ってリアクションする

    楽しくもないのにヘラヘラするのはバカらしいけれど、とにかくよく笑う女性は好感度が高い上に、場も一気に盛り上がります。

  • 【2】仕事や住所など、友達の素性に関する質問をしてみる

    友達も気を遣っていろいろと聞いてきたり、彼氏をイジったりしてくれるものですが、そこで自分から少しでも質問してみると、当の友達および彼氏の周辺に関心を抱いていることをアピールできます。

  • 【3】友達の名前を覚え、会話中に名前で呼びかける

    名前で呼ぶことも自分の関心を示すと同時に、親しげな雰囲気をつくることができる便利なアプローチの方法です。

  • 【4】身の回りを軽く気にかける「自然な妻プレイ」

    肩にのったホコリを払うなど、ちょっと身の回りを気にかけると、彼氏は自然に「俺の女感」をアピールできて気持ちよくなります。ただし、そこではりきってすべての料理を皿に取り分けたりするのは、リスクもあるため避けたほうが無難でしょう。

  • 【5】「普段からよく名前があがるんです」と、存在を以前から知っていたことを伝える「存じ上げアピール」

    初対面なのに「あ、この人がいつも話題に上がる○○くん?」などといわれると友達も悪い気はしません。「どうせ悪口でしょう?」なんてスネるのもうれしさの裏返しのはず。ただし、ウソはつかない方がいいでしょう。

  • 【6】彼氏のグチをぶちまけない

    友達が「こいつ時間にルーズでしょ?」などと冗談半分に彼氏批判をしたとしても、便乗して公開裁判を始めてしまうのは危険です。どんなに盛り上がっても彼氏は不機嫌になってしまいがち。しかし、彼氏を全肯定しても盛り上がりに欠けます。「そういうところもあるかも」くらいの、ほどよい距離感にとどめておきましょう。

  • 【7】友達からの答えにくい質問には彼氏への「困っちゃう視線」で対応

    彼氏批判が始まったときにも有効なのが「困っちゃう視線」です。質問の答えにつまったときなど、軽く「助けて」の視線を送ると、その恋人っぽいムードに彼氏はまんざらでもない気分になり、はりきってフォローしてくれるようです。

  • 【8】やたらと友達をツッコまない

    会話を盛り上げようと、「それさっきも聞いたしー」なんて友達をツッコミまくっても、彼氏が苦笑いどころか友達も内心うんざりするなど、あまりよい結果にはならないようです。

  • 【9】ひとりでさっさと帰る

    早々に引き上げるとノリの悪い印象を与えるリスクもありますが、彼氏と友達だけの状況にすることで、その場で友達が評価する時間をつくることができます。それまでのコミュニケーションに問題がなく評価が高ければ、彼氏は誇らしい気持ちになるはずです。

他には、どんな行動で彼氏とその友達に好印象を与えることができるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock