女の子が積極的にスキンシップできる9つのチャンス


女性からのスキンシップを、男性は好ましいと感じていることが多いようです。スキンシップするチャンスが目の前にあっても、気づかずに逃している人も多いのではないでしょうか。特に寒くなるこれからの季節は、スキンシップのチャンスが増えます。そこで今回は、肌と肌をあわせて仲良くなっていただくために「女の子が積極的にスキンシップできる9つのチャンス」を紹介させていただきます。

  • 【1】「お腹フェチなんです」とお腹にさわる。

    「メタボ」の話題になったら、お腹に触りましょう。「きもちいい?」とリアクションすることで、相手のお腹が出ているというコンプレックスを受け入れている意思も伝えられます。

  • 【2】疲れている男性に「肩がこってるんじゃない?」と肩を叩く。

    首を回したり、肩をほぐしている相手の肩を叩いてみましょう。疲れをとってくれるあなたに、家庭的なイメージを持つ男性もいるでしょう。

  • 【3】混雑した横断歩道を渡る時に、離れないように手をつなぐ。

    前を歩く相手の手を後ろから握ってみましょう。男性は頼ってくれるアナタを守りたいと思うかもしれません。渡り終わっても、勇気を出してつないだままに。

  • 【4】カラオケでテンションの高い歌を歌った後に「イエーイ!」とハイタッチ。

    盛り上がっている時のノリでハイタッチしましょう。手と手をあわせることで、より楽しさを共有でき、親密になれます。

  • 【5】「私、世界一冷え症って評判なんだけど」と冗談交じりで手を差し出す。

    冷え性の人の特権です。「このごろ寒いねー。」などと言って、冗談交じりで切り出してみましょう。それでも手を触れてくれなかったら勇気を出して、「ほら!」と握ってしまいましょう。アナタの手の冷たさに、男性は守ってあげたくなることでしょう。

  • 【6】盛り上がっている時に軽いノリで「なんでやねん」と胸元にツッコミを入れる。

    ツッコミなら自然に相手に触れることができます。盛り上がる度にツッコムことで、パートナーのような親近感を持つ男性もいます。

  • 【7】寒い日に、男性が手を突っ込んでいるポケットに手を滑り込ませる。

    飲み会の帰り、相手がポケットに手を突っ込んでいる時はチャンスです。「なに?ポケットそんなにあったかいの?」とポケットに手を突っ込みましょう。一つのポケットに二人の手が入る特別なシチュエーションに、相手のキモチも動くでしょう。

  • 【8】「私、女の子の割に筋肉あるんだけど?」と誘う。

    ダイエットの話で、筋トレの話になったら切りだしましょう。触らせることで、それ以降、相手は積極的にスキンシップをしてくれます。その後、相手の筋肉にも触ってみるのはいかがでしょうか。

  • 【9】「手、つなご?」ではなく「手をつなごう。」とチョット強引に手をつなぐ。

    相手が、手をぶらぶらさせていたら、自分からつないでみましょう。突然の出来事に相手は緊張するかもしれません。そのときは、会話を弾ませましょう。緊張がとけたころ、2人はうちとけているでしょう。

スキンシップするには他にどんな方法があるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock