彼氏のいないクリスマスの過ごし方9パターン


恋人たちにとってはハッピーなクリスマスも、独り身には身にしみるイベント。彼氏のいないクリスマスは、どのように過ごせば良いのでしょうか。ひとりぼっちのクリスマスを充実した時間にしていただくため、「彼氏のいないクリスマスの過ごし方9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「ただの平日」として仕事に打ち込む。

    時間を忘れるほど、仕事に集中するパターンです。クリスマスを「特別な日」と思わずに、黙々と仕事をしましょう。同僚に差をつけるチャンスかもしれません。

  • 【2】テレビを視ず、クリスマスに関する情報を遮断する。

    クリスマスに関する情報が入らないよう環境を整えるパターンです。街やテレビではクリスマスムードが満載なので、情報を遮断し、「普段と何も変わらない日」として過ごしましょう。

  • 【3】映画を観て、クリスマスであることを忘れる。

    映画館という「非日常的な空間」に身を置くことで、クリスマスであることを忘れる方法です。なお、ラブストーリーを観た場合、カップルを羨ましく感じるので、避けた方が賢明でしょう。

  • 【4】ひとりで過ごしていそうな男性を誘ってみる。

    どうしてもひとりで過ごすことが耐えられない場合には、ひとりで過ごしていそうな男性を誘ってみましょう。しかし、クリスマスに予定の入っていない男性は、「モテない」男性の可能性があり、デートしても楽しくないというリスクがあります。

  • 【5】イルミネーションをひとりで見に行き、敢えて寂しさを堪能する。

    ひとりでイルミネーションを見に行くことで、自らの寂しさと向き合うパターンです。  寂しい気持ちが、次の恋へ突き進む原動力となるでしょう。

  • 【6】二人分のチキンを買って、シャンメリーを1本買って、家でテレビを見ながらひとりで食べる。

    ひとりだけのちょっと豪華なクリスマスディナーを堪能して、寂しさを紛らわすパターンです。

  • 【7】(男友達を含め)友人とパーティーを行う。

    ひとりぼっちを回避するため、男友達を含めてパーティーを企画するパターンです。ただし、当日に誘うのではなく、数日前から企画する必要があります。気になる男性と幹事をやれば、急接近できるチャンスがあるかもしれません。

  • 【8】恋人がいない女友達とパーティーの約束をする。ただし、恋人ができた場合はドタキャンできる協定を結ぶ。

    女友達とパーティーの約束をしてしまったため、突然、男性からアプローチされた場合、断らなければならないケースもあるでしょう。しかし、このような協定を結ぶことで、最後までチャンスを願うことができます。本当に仲の良い友だちであれば、このような都合の良い約束も可能でしょう。

  • 【9】家族と過ごす。

    小さいころのように、家族と一緒に心温まるクリスマスを過ごすパターンです。ただし、家族から「クリスマスなのに、彼氏と過ごさないのか?」と心配される可能性もあります。

彼氏のいないクリスマスにおいて、他にはどのような過ごし方があるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock