一言必殺!? アラサー男性が喜ぶ褒め言葉9パターン


ヤングとオヤジの境界線をさまよう微妙な世代であり、若さと経験を絶妙に併せ持つ持つ世代。そんなアラサーと呼ばれる30歳前後の男性を攻略するためには、どうすればいいのでしょうか。ライフハック投稿サイト「ナナピ」で紹介されている「アラサー男子を喜ばせるためのほめ言葉」によると、アラサー男性を喜ばせるためには、仕事や体型などを褒めることが効果的なようです。そこで今回は、たったひと言でアラサー男性のテンションが急上昇するような褒め言葉を9パターンご紹介します。

  • 【1】「さすがウチのエースですね!」

    「エース」という称号は男性の憧れ。実際には存在しない役職なのに、この3文字を言われるとアラサー男性は心のなかでガッツポーズをしてしまうでしょう。※応用編「さすがウチのイチローですね」「イチロー」という称号は、天才、熱いリーダー、結果を残す人など、あらゆる褒め言葉を4文字に凝縮した、アラサー男性向けの魔法の多義語です。

  • 【2】「あんな仕事ができるのは○○さんだけですよ」

    仕事ぶりを直接褒められることで、社会人として一人前になりたてのアラサー男性は自尊心が満たされて思わずニンマリしてしまうでしょう。

  • 【3】「あの時言われたアドバイスがすごく役立ちました!」

    長年、上司の厳しい言葉に打ちのめされてきたアラサー男性は、自分の指示に忠実な部下の褒め言葉に新鮮な喜びを感じてしまうでしょう。

  • 【4】「え!? おなか細っ!」

    同世代がどんどんメタボ化していくなかで、体型について褒められるとアラサー男性はひとときの安心感に包まれるでしょう。「オレ、まだセーフなんだ!」と。

  • 【5】「いつもスーツが似合ってますね」

    スーツの着こなしを褒められると、アラサー男性はビジネスマンとしての能力とファッションセンスを同時に褒められた気分になり、一瞬でご満悦の表情になるでしょう。

  • 【6】「あ、iPhoneだ。いいなー」

    男性はデジタルグッズが大好き。お金に余裕のあるアラサー男性は最新アイテムを所有している可能性が高いので、そこを褒められると?自慢したい欲?が噴火して「俺のこだわり」を語りだすでしょう。

  • 【7】「○○君は本当に変わらないね」

    同窓会などで言われるとうれしいキラーフレーズ。若者とオヤジの境界線をさまようアラサー男子の心に、まるで真冬のコーンポタージュのようにあたたかーく響くでしょう。※応用編「先週よりも顔が老け輝いてるね!」「かっこよくハゲてるね!」仕事に命をかけているアラサー男性には、あえて老化を褒めることで「仕事を頑張っているあなたは素敵だ」と伝える高等テクニックも。

  • 【8】「このお店、素敵だね! はじめて来た!」

    デートにもそれなりの自信を持っているアラサー男性。お店のチョイスを素直に褒めると喜ぶでしょう。ただし、褒め過ぎると退屈なウンチクをダラダラと語り出す恐れもあります。

  • 【9】「○○さんはグルメだから料理も上手そうですね」

    大人としての味覚や感性、生活力を同時に褒める最強のフレーズ。「グルメ」の部分を「仕事ができるから」に変えても使える汎用性の高い褒め言葉。ちなみに、40代以上の独身男性にはイヤミになりかねないので注意が必要です。

他には、アラサー男性に対してはどんな褒め言葉が有効なのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(アサハラヒ)
Photo:All images by iStock