食事デートを断るフレーズ9パターン


食事デートしたくない男性からの誘いをどのように断っているのでしょうか。「最近、忙しくて。」という断り文句だけだと、何度もは断りづらいでしょう。そこで今回、食事デートの断り文句のバリエーションを増やして頂くために、「食事デートを断るフレーズ9パターン」を紹介させて頂きます。

  • 【1】「ダイエット中なので、ごめんなさい。」

    ダイエットを理由にするパターンです。長い間、ダイエットするケースもあるので、しばらく誘ってほしくないときに活用できる表現です。

  • 【2】「最近、ちょっと胃の調子がよくなくて...ごめんなさい。」

    「胃」の不調を訴え、「食事に行っても、楽しむことができない」というメッセージを伝えるパターンです。体調が悪そうな表情で伝えましょう。

  • 【3】「折角なので、みんなで食事したいですね。」

    「みんなで食事したい!」という考えを前面に押し出し、ふたりきりの食事デートを断るパターンです。参加人数が多ければ、面倒だと感じて諦める男性もいるでしょう。

  • 【4】「最近、自炊しているの。ごめんなさい。」

    自炊していることを言い訳にして、断るパターンです。自炊することが生活スタイルとして確立されていることをアピールし、「しばらくは誘われても、行けません」というメッセージを伝えることができます。

  • 【5】「最近、飲み会が多いので、またの機会でもいいですか。」

    飲み会が多いことを理由に断るパターンです。飲み会イベントが多い時期であれば、堂々と言える表現です。

  • 【6】「最近、夜は勉強しているので。ごめんなさい。」

    食事をする時間に勉強していることを伝えるケースです。「何を勉強しているの?」と突っ込まれるかもしれないので、スムーズに答えることができるようにしておいた方が良いでしょう。

  • 【7】「今日、食事したい気分じゃないから・・・」

    当日、急に誘われた場合の断り文句です。「気分じゃない」という言葉によって、男性は強引に誘うことを諦めます。曖昧な返事をせず、しっかりと断る勇気が必要となります。

  • 【8】「今日、弟のために夕飯を作らなきゃいけないんだ・・・」

    「自分のために作る」だけではなく、「人のために作る」と伝えることで男性を諦めさせるパターンです。弟や妹など、面倒を見なければならない存在を活用すると効果的です。

  • 【9】「彼氏がカレーライスを作って待っているので。」

    食事を用意して、帰りを待っている人がいることを伝えるパターンです。恋人がいることをアピールすることもできる便利な言い回しです。冗談半分で伝えても、通用する表現でしょう。彼氏がいるという噂がたつのがイヤなら、母や祖母などに変えるとよいでしょう。

食事デートを断るとき、他にはどのような断り方があるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock