クリスマスプレゼントをねだるための一言9パターン


恋人からのクリスマスプレゼントを期待している方も多いのではないでしょうか。気持ちが一番大切なことだと分かりつつも、可能であれば、「欲しかったモノ」をプレゼントしてもらいたいものです。では一体、彼氏に対してどのようにアピールすれば良いのでしょうか。そこで今回は、「クリスマスプレゼントをねだるための一言9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】お店や雑誌でお目当てのモノがあったら「かわいい」と連呼する。

    「欲しい!」とは言わず、「かわいい!」と褒めるパターンです。そして、彼に「かわいいよね?」としっかりと同意を求めること。彼氏の脳裏に商品を焼きつけることができます。

  • 【2】「○○が欲しくて買うか迷っている」と数週間前からアピールしておく。

    自らの購入意思をチラつかせながら、買ってほしいモノをアピールするパターンです。 彼氏に「自分で買うのかな?」という疑問を持たれないように、「いまは買わないでおく」と宣言しておくと安心でしょう。

  • 【3】「クリスマスプレゼント、欲しい!」と叫ぶ。

    ストレートにプレゼントが欲しいことをアピールするパターンです。彼氏に伝わるように、連呼しましょう。ロマンチックな雰囲気がブチ壊れる可能性があるので、注意が必要です。

  • 【4】「クリスマスだけのワガママ・・・だめ?」

    「クリスマスだけ」という限定表現によって、説得するパターンです。目をウルウルさせて、甘えるように言いましょう。

  • 【5】「クリスマスプレゼント、何がいい?」と彼氏の要望を聞く。

    彼氏の要望を聞くことで、プレゼントに関する話題になる可能性が高くなります。「欲しい!」と一方的にアピールするのではなく、まずは彼氏の要望を聞き出し、そのついでに「自分の要望」を伝えましょう。

  • 【6】「クリスマス、一緒にいれるだけでいいよ。」と遠慮しつつ、無言のプレッシャーを与える。

    「欲しい!」とアピールするのではなく、けなげさを前面に押し出すパターンです。優しい彼氏であれば、「彼女を喜ばせてあげたい!」という気持ちが働き、プレゼントについて聞かれる可能性があります。ただし、コメントを真に受けて、本当にプレゼントを買わない男性もいるので、注意が必要です。

  • 【7】「このバッグと、あのバッグ、どっちがいいと思う?」

    お店で商品を選んでいるときに有効な表現です。彼自身に商品を評価させ、彼自身が商品を褒めることで、「プレゼントしてあげたい!」というモチベーションを高めることが可能となります。

  • 【8】「サンタさんに、『今年は○○のバッグが欲しい』と伝えてください。」

    サンタさんにお願いすることで、純粋さをアピールするパターンです。彼氏にお願いするのではなく、サンタさんにお願いすることで、ストレートに要望を伝えることができます。なお、真剣に伝えた場合、「イタイ女性」だと思われる可能性があるので、冗談だと分かるように明るく言い放ちましょう。

  • 【9】「これ、●●君がプレゼントしてくれるから、うれしいの!」

    プレゼントをくれる相手を重視していることで、彼氏をキュンとさせる表現です。「ちょっと高くても頑張ろう!」と思ってくれる彼氏もいるでしょう。

他にはどのような一言によって、クリスマスプレゼントをねだることができるのでしょうか。みなさんからのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock