職場恋愛の対象外となる女性9タイプ


仕事場も貴重な出会いの場のひとつ。みなさんの職場において、社内恋愛の噂のひとつやふたつあるのではないでしょうか。そこで今回は、社内恋愛に憧れている人のヒントとなるべく、「職場恋愛の対象外となる女性9タイプ」を紹介させて頂きます。

  • 【1】飲み会で数々の伝説を残している女性

    飲み会で酔い潰れ、数々の「伝説」を残している場合、同僚から「彼氏も大変だよね。」と同情されます。同情されることを嫌がる男性も多いでしょう。また、彼女が職場で話のネタにされることを耐えられない男性も多そうです。

  • 【2】机の周りが散らかっている女性

    職場での自分のスペースが整理整頓できてないことで、「自宅も整理整頓されていないのだろうな」と想像され、マイナスイメージを持たれる可能性があります。机の周りはキレイに整えた方が良いでしょう。

  • 【3】男性よりもはるかに仕事ができる女性

    同じ職種において、圧倒的に仕事ができることで、男性のプライドが恋愛関係に発展させることを邪魔します。異なる職種であれば、可能性はあるでしょう。

  • 【4】男性よりも年収がかなり高い女性

    収入面で男性を圧倒した場合、男性が引け目を感じて、恋愛対象になりにくいでしょう。年収を隠すことができない場合、思いっきりか弱さを見せ「カワイイ女」をアピールするなど、相当の工夫が必要となります。

  • 【5】明らかに社内で嫌われている女性

    嫌われている人の恋人になりたい男性はいないでしょう。また、社内での悪い噂が男性の耳に入っているため、恋愛関係に発展させたい女性としては不利になるでしょう。

  • 【6】社内で弱い者イジメしている女王様的な存在である女性

    女王様的な存在だった場合、男性も近寄り難く、恋愛関係に発展することは難しいでしょう。また、弱い者イジメをしているイメージがあった場合、マイナスイメージを払拭することから始める必要があります。

  • 【7】口が軽い女性

    付き合うまでのアプローチ、付き合ってからの出来事など同僚に言いふらされることを恐れます。職場恋愛の場合、しっかりと秘密は保持した方が良いでしょう。

  • 【8】みんなに迷惑をかけ、いつも怒られている女性

    仕事に慣れないどころか、迷惑をかけてばかりの女性に対して、ビジネスウーマンとしての良識を疑われ、恋愛対象になるまで相当な時間がかかってしまうでしょう。

  • 【9】元カレが上司である女性

    元カレが上司だったと知られている場合、嫌がる男性も多いでしょう。男性は嫉妬深い生き物です。

他にはどのようなタイプの女性が、職場恋愛の対象外となるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock