愚痴ばかり言う男性に対する一言9パターン


愚痴ばかりの男性にはウンザリするものです。では、みなさんは男性の愚痴に対して、どのように対応しているのでしょうか。ときには優しく、ときには厳しく男性に接する必要があります。そこで今回は、「愚痴ばかり言う男性に対する一言9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「苦労した分いいことが返ってくるよ、きっと。」

    愚痴った内容を「苦労」と捉え、ポジティブに切り替えるパターンです。男性に勇気を与え、「もっと話したい女性」と思わせることで、好感度アップするでしょう。

  • 【2】「30分だけ愚痴を聞くよ!30分だけね。」

    永延と愚痴を聞くのではなく、時間制限を設けて、徹底的に聞いてあげるパターンです。宣言した時間内は、アドバイスなどせず、とにかく聞き役に徹しましょう。

  • 【3】「もっと楽しい話をしようよ。」

    オブラートに包み、話をすり替えるパターンです。「愚痴を聞いてくれない」と男性はストレスをためる可能性がありますが、十分に話を聞いてあげた場合、発言しても良い一言でしょう。

  • 【4】「愚痴るなら、結果を出してからにして。」

    男性の心を「グサッ」と刺す、厳しい一言です。結果を出し続けるキャリアウーマンであれば、説得力は増すでしょう。なかには、かなり凹んでしまう男性もいるので、見極めが必要となります。

  • 【5】「最近、話をしていてもつまんない。」

    「つまらない!」とストレートに伝えるパターンです。愚痴ばかりで我慢できなくなったときには言い放っても良いでしょう。

  • 【6】「小さい男だねぇ。」

    姉さん的なスタンスで発言するパターンです。ためらいなく言い切ることで、男性に気づきを与えることができます。ただし、「お前に何が分かるんだ!」とキレる男性もいるので、慎重に対応する必要があります。

  • 【7】「愚痴を言わなければ、あなたは最高の男だと思う。」

    「愚痴を言わなければ」という条件を出し、男性を勇気づけるパターンです。褒めることで、男性のテンションを上げることができます。

  • 【8】「どうどう」と馬をあやすようなリアクションをする。

    冗談半分で「どうどう」と言って、話題を変える高等テクニックです。冗談だと分かってもらえない関係だった場合、「バカにしているのか!」と怒られる可能性があるので、使用には注意が必要です。

  • 【9】「頑張ったね。大変だったね。あんまり考え過ぎると疲れちゃうよ。今は私と楽しいことしよ?」

    彼氏限定の表現です。場合によっては、エロっぽく聞こえることがあります。このような表現をすることで、男性が関心を持つ対象を変え、愚痴を止めることができます。

他には、愚痴ばかり言う男性に対して、どのような一言があるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock