年末のご挨拶メールを送る5つのポイント


忘年会などで忙しくなる年末は、男性との距離を縮める大きなチャンスです。「年末のご挨拶メール」で気になる男性と距離を縮めてみてはいかがでしょうか。今回は、年末のご挨拶メールを送る5つのポイントをご紹介させて頂きます。

  • 【1】普段、連絡を取れない相手にもメールしてみること。

    年末の挨拶という理由であれば、普段、メールしない相手へ連絡することも自然な行為となります。上半期に出会った人やちょっと連絡を取ってなかった男性に対して、年末のご挨拶メールを送ってみてはいかがでしょうか。新しい関係が構築できるかもしれません。新しい出会いに繋がるかもしれません。

  • 【2】14時?18時くらいの時間帯に送ること。

    年末は忘年会の予定が入っている可能性があります。忘年会の最中に送られたメールでは、返信することを忘れてられてしまう可能性もあります。男性が落ち着いているときにメールを読むような時間帯にメールを送信しましょう。また、午前中は寝ている可能性もあるので、14時?18時くらいの時間帯が理想的と言えるでしょう。

  • 【3】相手の名前や共通の思い出などを入れること。

    年末のご挨拶メールは、メールが殺到するお正月メールよりもジックリと読まれる可能性があります。差し支えのない定型的なメールではなく、相手の名前を入れ、共通のエピソードや思い出などを書き、「あなたへの特別な挨拶メールですよ。」と分かるような内容にしましょう。

  • 【4】敢えてデートの約束をしないこと。

    年末メールのタイミングでは、積極的なアプローチは避け、敢えてデートの約束は控えましょう。デートの約束するメールは、年始の「あけましておめでとうメール」のために取っておきましょう。まずは、「年末にあなたのことを思い出しましたよ。」くらいの軽いアプローチだけでも、男性のテンションはかなり上がります。

  • 【5】年末の挨拶メールをキッカケに、お正月メールも送ること。

    年末の挨拶メールにキッカケに、お正月メールも送るようにしましょう。年末にメールをくり、年明け後に新年の挨拶メールをおくることによって、年末年始の短期間でのコミュニケーションの密度は高まります。このようなメールのやり取りによって、心理的な距離が縮まり、デートの約束を取り付けることができる可能性が高まります。年末年始は、ちょっと積極的にアプローチしてはいかがでしょうか。

皆様は年末にはどのような挨拶メールを送る予定でしょうか。皆様のご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock