片想い中、男性の心が折れそうになる瞬間9パターン


恋愛には苦難に負けず、立ち向かうタフさが必要です。しかし実際には、気になる女の子とのコミュニケーションにおいて、心が折れそうになる男性もいるのではないでしょうか。では一体、男性はどのような状況で「心が折れそう」になるのでしょうか。今回は、男心を知るために「片思い中、男性の心が折れそうになる瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】他の男性と歩いているところ見かけてしまった。

    「彼氏ができてしまったのか?」という不安を男性に与えます。さらに、その男性がイケメンだった場合、「自分には勝ち目がない」と後ろ向きとなる男性もいます。

  • 【2】疑問文を含めたメールに返信が来なかった。

    「疑問文が含まれたメールなので、返信が来るはず!」という期待が外れたとき、男性は大きなショックを受けます。

  • 【3】自分にまったく脈がないことを友人から聞いてしまった。

    「恋愛対象として考えられない」とうことを、友人から間接的に耳にすることで、直接言われたときとは違う形のショックを受けます。

  • 【4】タレントをダメ出ししていたら、好きな子がそのタレントの大ファンだった。

    会話が盛り上がり、話の勢いでタレントをダメ出したときに発生する状況です。好きな子が大ファンだったことが判明した瞬間、気まずい空気が流れます。

  • 【5】デート中、ずっと青のりがついていたことを帰宅後に気が付いた。

    男性は時間を取り戻したい気分になります。次に顔を合わせることを気まずく思っているでしょう。

  • 【6】デートに関するダメ出しをブログに書かれた。

    ちょっとしたコメントでも、繊細な男性の心を傷つける可能性があります。ネットにおける情報アップは注意した方が良さそうです。

  • 【7】みんなの前でダメ出しされ、好きな女の子に笑われてしまった。

    ダメ出しに加勢せず、そっと見守る優しさが必要なようです。さらに、好きな女の子からアドバイスされた場合、男性は情けない気持ちになるでしょう。

  • 【8】メールアドレスが変更されたことを友人から聞いた。

    メールアドレスの変更の連絡は、慎重に行いましょう。単純なミスであっても、必要以上に男性は気にします。

  • 【9】好きな子からの返信を楽しみ待っていると、遂にメールを受信。しかし、メールは親からだった。

    期待が裏切られ、落ち込む瞬間です。メールの返信を楽しみにしている男性もいるので、すぐに返信してあげることも優しさのひとつなのかもしれません。

他には、片想い中どのようなできごとで男性は心が折れそうになるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock