デート中に使える、肉食系男子を気分よくさせるセリフ9パターン


草食系男子がなかなか気持ちを表現してくれなくてヤキモキするのに対し、肉食系男子の場合は積極的に食事や遊びに誘ってくれるため、初対面の印象次第では比較的簡単にデートにこぎつけることができるのではないでしょうか。しかし、1回デートができたくらいでは安心できないのがこの手の男たち。「他にもいっぱいデートしているんでしょ?」なんてかわいくないことを言ってしまう前に、肉食系男子たちが喜ぶセリフを言ってみては?今回は肉食系男子を気分よくさせるセリフ9パターンをご紹介させていただきます。

  • 【1】「いままでで一番楽しい」

    やはり肉食系男子たるもの、自らがナンバーワンであることにこだわる傾向があります。「一番」という言葉を女の子(しかも気に入っている女の子)から言われることによって、一気に気分は「百獣の王・ライオン」となることでしょう。

  • 【2】「こんなところに連れて来てもらえるなんて夢みたい。」

    自分が思っていた以上にすごくステキだということを「夢みたい」という言葉で表現します。一般的に文化系ではないとされる肉食系男子には、ちょっと大げさで無邪気に表現した方が気持ちがよく伝わります。

  • 【3】「すごい!何でも知っているね。」

    肉食系男子はデート中もいろんな話題で場を盛り上げようとしてくれます。会話の節々で「すごい」と言われると「やっぱり、俺ってすごいんだ!」と改めて認識することでしょう。本当にすごいと思ったとき以外に、彼の話が難しすぎてよく分からないときや、あまり興味のない分野の話をされたときにも使えるセリフです。

  • 【4】「○○君以外、考えられない」

    もはや他の男なんて目に入らない状態であることを伝えます。ナンバーワンからオンリーワンになった彼は、ライバルにすらならない周りの男たちを見て優越感に浸ることでしょう。

  • 【5】「やっぱり頼りになるのは○○君だけ」

    肉食系の男子たちは、男たるもの頼りにされてなんぼだと思っていることでしょう。「○○君だけ」と限定することで、「自分しかいないんだ!」と意気込ませるとともに「やっぱり」をつけることで「最初から分かっていたけれど」「思ったとおり」というニュアンスを伝えることができます。

  • 【6】「こんなに楽しいデートは初めて」

    サービス精神旺盛な肉食系男子はデートにもいろんなサプライズを用意してくれるはず。彼が企画してくれたデートの別れ際にこの一言を添えましょう。「初めて」という言葉は女の子が思っている以上に男を喜ばせることができます。

  • 【7】「他の予定があったけど断っちゃった」

    日にちを指定したデートに誘われたときに使えます。他の友達との約束を断ってまで自分のところに来てくれた、すなわちそれは「自分が選ばれた」ことになります。デートを断られることを恐れないといわれる肉食系男子であっても、普通にOKしてもらったとき以上の喜びを感じることでしょう。

  • 【8】「○○君がいなくなったら死んじゃうかも(笑)」

    このセリフによって、彼に「守ってあげなくては」という気持ちが生まれます。「自分より弱いものを守ってあげる俺」に彼は大満足なはず。ただし、最後の(笑)がないとかなり重いセリフになってしまうので注意が必要です。

  • 【9】「男らしいね」

    肉食系男子が最も重要視しているポイントは「男らしさ」です。重い荷物を持ってくれたときや虫を退治してくれたときなど、少しでも男らしさを感じたら、そのたびに言いましょう。何度でも使えます。

肉食系な彼の満足げな表情を思い浮かべることができたでしょうか?みなさんのご意見、お待ちしております。
Photo:All images by iStock