クリスマスに恋人がいない人に起こる7つの不思議


クリスマス、恋人がいないため、ひとりで過ごす可能性のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。一人ぼっちのクリスマスには、様々な珍現象(?)が起こるものです。そこで今回は「ひとりぼっちのクリスマス」に焦点を当て、「クリスマスに恋人がいない人に起こる7つの不思議」を紹介させて頂きます。どのような不思議な現象が起こるのでしょうか。

  • 【1】異様に寒く感じる。

    ひとりぼっちのクリスマスは人肌が恋しくなり、異様に寒く感じます。恋人を作って、温め合う必要がありそうです。

  • 【2】イルミネーションがボヤける。

    ひとりぼっちの寂しさから、目から涙があふれ、イルミネーションがボヤけます。

  • 【3】クリスマスソングが聞こえない。

    クリスマスソングが聞こえると、寂しさを実感してしまうため、気が付くと耳をふさいでいる可能性があります。しっかりとクリスマスソングに耳を傾けられるように、恋人を作ると良いでしょう。

  • 【4】カップルがイチャついているように見える。

    ラブラブカップルを羨ましがっているために、普通のカップルも異様にイチャイチャしているように見えます。自分自身が恋人とイチャイチャしていれば、他のカップルは気になりません。

  • 【5】一緒にいたかった人が誰といるのか想像してしまう。

    片想いの男性がいた場合に発生する症状です。想いを寄せる男性が誰と過ごしているのか、異常に気になります。

  • 【6】「恋人と過ごすクリスマス」に対して批判的になる。

    恋人がいない自分を肯定するために、「クリスマスはそもそもカップル同士で過ごすイベントではなく・・・(延々と続く)」と説教してしまいます。

  • 【7】恋愛対象外の男性にときめく。

    クリスマス直前の寂しさが「恋人がほしい」という気持ちを起こさせ、恋愛対象外だと思っていた男性からのデートの誘いにも、ちょっと「その気」になってしまいます。気持ちが揺れ動く自分に悔しくなることも?

みなさんはクリスマスに恋人がいない場合、どのような不思議な現象を想像しますか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock