オゴってもらうことを断り、割り勘を提案する言い回し9パターン


男性との食事デートでの支払いにおいて、男性に「借り」を作りたくないため、割り勘での支払いを求めるケースもあるでしょう。そのような状況において、みなさんはどのようなセリフを活用し、「割り勘」を提案しているでしょうか。そこで今回は、割り勘での支払いをスムーズに行えるように「オゴってもらうことを断り、割り勘を提案する言い回し9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「今回は、割り勘にしましょうか。」

    「今回は」という限定表現を活用し、男性に納得してもらう表現です。

  • 【2】「自分の分は、自分で支払いますよ。」

    割り勘という言葉を使わないパターンです。割り勘という言葉にネガティブな印象を持っている男性には有効な表現でしょう。「お互い、お金を出し合いましょうよ。」という表現も同じ効果があります。

  • 【3】「お互いに気を遣わず、割り勘にしましょう。」

    ご馳走になることで、気を遣ってしまうことを伝え、断る表現です。

  • 【4】「対等に付き合っていきたいので、割り勘にしましょう。」

    「長く関係を続けていきたい。」というメッセージを伝え、オゴってもらうことを断るパターンです。  当然ながら、本当に長い付き合いを希望する男性に対して使いましょう

  • 【5】「今回は割り勘にしましょう。次回は遠慮なくご馳走してもらいます(笑)」

    「オゴりたい!」という気持ちが強い男性に有効です。次回のデートを約束し、納得してもらうパターンです。

  • 【6】「私は割り勘でも平気なタイプなので、大丈夫ですよ。」

    女性の顔色見ながら、オゴる男性います。割り勘を許容できる女性であることを明らかにして、男性をホッとさせましょう。

  • 【7】「お互いに学生だし、自分でしっかりと稼ぐようになったら、ご馳走し合おようよ。」

    学生だった場合、有効な表現です。

  • 【8】「割り勘にしましょう。男性にオゴられると、彼氏に怒られるので。」

    彼氏の存在を明らかにすることで、男性のテンションを下げるパターンです。

  • 【9】「『借り』を作りたくないし(笑)」

    笑顔を見せながら、悪魔のような言葉を投げかけるパターンです。

オゴってもらうことを断る際に、ほかにはどのような言い方があるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock