合コンにおいてカッコつけるために張ってしまう男性の見栄9パターン


女の子の前では、見栄を張って、男性はカッコつけようとしてしまう生き物。女の子は、そんな男性の特性を理解し、温かく見守ることも必要かもしれません。そこで今回は、「カッコつけるために張ってしまう男性の見栄9パターン」を紹介させて頂きます。

  • 【1】金欠だけど、頑張ってオゴってしまう。

    経済的に余裕があるように振る舞いたい男心があります。オゴってもらったときは、笑顔でお礼を言えば、男性も喜ぶでしょう。

  • 【2】今まで付き合ったことがないのに、彼女がいたことにしてしまう。

    「今まで彼女がいなかった...」と宣言すると、女の子が引いてしまうかもしれないと恐れる男心があります。彼女がいたように見えなくても、「ホント?ウソだぁー。」と突っ込まず、そっと流してあげましょう。

  • 【3】体重、体脂肪率を低めに申告してしまう。

    メタボリックな肉体だと思われては、イメージダウンなので、見栄を張る人もいます。「体重が軽い割には、見た目はメタボだよね。」などの突っ込みは控えましょう。

  • 【4】学生時代にスポーツをやっていたことにしてしまう。

    実は3日で部活を辞めてしまったのに、ずっと所属していたことにするようなパターンです。

  • 【5】趣味に関して、ちょっと大げさに伝えてしまう。

    楽器、カメラ、スノボー(スキー)などに情熱を注ぎ、充実した休日を過ごしていることをアピールするパターンです。素人レベルの腕前にも関わらず、勢いあまってプロ級であるかのように伝えてしまいます。

  • 【6】仕事内容や取引相手について、大げさに伝えてしまう。

    大企業と仕事していることや有名な企業名をあげて話し、女の子に「すごーい!」と言われることを期待するパターンです。しっかり、「すごーい!」と言ってあげましょう。

  • 【7】今後、難関資格を取得することにしてしまう。

    MBAなどの難関資格を取得する予定だと伝え、頭の良さをアピールするパターンです。取得に向けての具体的なアクションプランを語らない場合は、見栄である可能性が高いでしょう。

  • 【8】中国語などの外国語をしゃべれることにしてしまう。

    英語と違い、披露する機会が少ないので、勢いでしゃべれることにするパターンです。

  • 【9】読んだことのない新聞、雑誌を読んでいることにしてしまう。

    ビジネスに関する会話において、普段は読むことのない新聞や雑誌を読んでいることにするパターンです。デキるビジネスマンだと思われたい男心があります。

ほかには、どのような男性の見栄があるのでしょうか。みなさんが目撃した男性の見栄があれば、ご意見をお寄せください。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock