LINE・メール嫌いの男性にメッセージを送るときの7つのポイント


気になる男性にLINE・メールを送って、仲良くなろうと考えている方もいらっしゃると思います。しかし、実際にはLINE・メールを苦手とする男性も存在し、思惑通りにいかないこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、「LINE・メール嫌いの男性にメールするときの7つのポイント」を紹介させて頂きます。

  • 【1】「メールは、デートするための手段」と割り切る。

    メールを通じて仲良くなることを諦める考え方です。メールを単なる連絡手段と捉え、必要なときだけ連絡する男性もいます。男性の考え方に添って、あくまでもデートをするための手段として、割り切ってみてはいかがでしょうか。

  • 【2】長文メールは控え、短文を送る。

    メールの文章が長いと、男性に同じ文章量の返信を要求している印象を与えます。このような印象を与えた場合、男性はメールの返信を面倒だと感じ、返信しづらくなります。

  • 【3】絵文字を使い過ぎない。

    絵文字が多過ぎる場合、男性に絵文字を含めたメールを送ってほしいと望んでいるような印象を与えます。絵文字の使い過ぎには注意した方がよいでしょう。

  • 【4】メールの返信を催促しない。

    返信を催促すると、男性はメールの返信を面倒だと感じ、連絡が途絶えてしまいます。メールの返信は催促しない方がよいでしょう。

  • 【5】疑問文は控える。

    疑問文があると、男性は返信を要求されているように感じます。男性が読んで、「ふーん、なるほどね。」と読むだけで完結できるような内容が好ましいでしょう。

  • 【6】愚痴は控え、前向きな内容を送る。

    愚痴が書かれたメールに対しては、男性は返信内容について考える必要があり、面倒だと感じます。男性が悩む必要のない、前向きな内容を送った方が賢明でしょう。

  • 【7】メールの返信が来た場合、喜びの気持ちを表現する。

    メールが苦手な男性にとって、メールを送ることはエネルギーを費やすイベントです。男性が返信してくれたことに対して、感謝の言葉を送りましょう。

LINEやメールを苦手とする男性にメッセージを送るとき、みなさんはどのように対応しているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock