浮気を防止するための一言7パターン


最近、ちょっと怪しい彼の行動。「もしかしたら、浮気をしているのでは?」と不安に思うことはありませんか? そのような不安を抱くよりも、浮気を防止する策を取りたいものです。では、彼氏に対して、どのような言葉を投げかければ、浮気を防止することができるのでしょうか。今回は「浮気を防止するための一言7パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】「浮気したら絶対許さないからね。」

    「浮気は許さない!」という意志を表明するパターンです。浮気に対する考え方を明らかにすることで、浮気を防止します。

  • 【2】「浮気されたときは、お別れのときだからね。」

    浮気が発覚した時の対応について話すパターンです。「別れる」という具体的な行動を提示することで、彼氏に恐怖心を植え付けます。

  • 【3】「浮気されたら、悲しい気持ちになる。」

    浮気されたときの気持ちを表現することで、悲しい気持ちになることをリアルに想像させ、「罪悪感」を植え付けます。

  • 【4】「浮気してないよね?」と突然聞く。

    突然聞くことで、男性をビックリさせます。突然、質問することによって、彼氏が浮気しようと思ったとき、「また、突然『浮気してないよね?』と聞かれるかも?」と不安になり、浮気を防止する効果があります。

  • 【5】「浮気はしない人だと信じているから。」

    彼氏を信頼していることを伝え、プレッシャーを与えるパターンです。

  • 【6】「浮気するなら、徹底して隠して。」

    男性に緊張感を与えます。「もし、浮気を隠しきれなかったら、どうなるんだろう・・・」という漠然とした不安を与え、浮気を抑止します。ただし、「バレなきゃいいのかな。」と捉え、浮気する危険性もあるので、注意が必要です。

  • 【7】「あなたが浮気したら、私の責任だね。」

    彼氏に浮気された場合には「私自身が原因である。」と捉えることで、懐の大きさをアピールし、彼氏にプレッシャーを与えるパターンです。

みなさんは彼氏の浮気を防止するため、どのように声をかけているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock