女性から男性に声をかける方法5パターン


気になる男性と出会ったとき、みなさんはどうしていますか? やはり男性から声をかけてほしいものですが、なかなか思うように実現しないと思います。そこで今回は、女性から声をかける機会を活かせるように「女性から男性に声をかける方法5パターン」を紹介させて頂きます。

  • 【1】連絡先をサラっと渡す。

    通勤通学で気になる男性にアプローチするパターンです。手紙や名刺を渡して、男性からの連絡を待つことになります。リスクとしては、連絡が来なかった場合、通勤通学がやや気まずくなることが考えられます。電車であれば、車両や時間帯などを変えるリスクがありそうです。

  • 【2】観光地などにおいて、「写真を撮ってください。」と頼む。

    写真を撮ってもらうことをキッカケとして、「どこから来たんですか?」と質問を投げかけるパターンです。また、最高の笑顔で写真を撮ってもらうことで、「かわいいな。」と思ってもらえる可能性があります。デメリットは、旅行している状況なので、非常に限定的なパターンであることです。

  • 【3】同じ趣味の集いで声をかける。

    サーフィンやライブ、生け花など自分の趣味を通じて出会える人に声をかけるパターンです。共通の趣味であれば、声もかけやすく、会話が盛り上がりやすくなります。もちろん、自分が趣味を持っている必要があるので何も趣味を持っていない人は新しい趣味を作る必要があります。

  • 【4】エレベーターで「すごくカッコいいですね。」とストレートに表現する。

    エレベーター内で二人だけになった場合でのケースです。エレベーターでの会話は、非常に限られた時間内で行われます。「すごくカッコいいですね。」とストレートに表現し、そのまま連絡先を伝えましょう。エレベーターで一目惚れした場合には、積極的な行動が求められます。

  • 【5】社内の自動販売機の前でワザと知人と間違える。

    社内の気になる人に対して、声をかけたい場合に活用できるパターンです。知人だと思って「オゴってくださいよー。」などと声をかけて、「知り合いと間違えました。すみません。」と謝罪しましょう。話しかけることで顔を覚えてもらうキッカケとなります。

みなさんは男性に声をかけるとき、どのような工夫をされているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock