LINE・メールの返信タイミング5パターン


男性へのLINEやメールの返信タイミングについて、状況に応じて工夫している女性もいると思います。では、タイミングの違いによってどのような効果があるのでしょうか。そこで今回は、「LINE・メールの返信タイミング5パターン」をご紹介します。

  • 【1】すぐに返信する。

    即座の返信は、男性に喜んでもらえます。また、すぐに返信した場合、男性にすぐに読んでもらえる可能性も高まるため、スムーズなメール交換が可能となります。一方で、いつもすぐに返信した場合、暇な人だと思われるリスクもあるので注意が必要です。

  • 【2】数時間後、返信する。

    積極的なお誘いメールに対し、数時間後にメールを返信した場合、男性にドキドキさせる時間を提供することができます。しかし一方で、メールを返信したタイミングで、男性がメールをすぐに確認できない可能性もあり、スムーズなやりとりを実現できないことが考えられます。

  • 【3】毎日、必ず同じ時間帯に返信する。

    毎日、メールの返信時間を決めるケースです。男性に生活リズムを理解してもらえれば、男性はメールが返信される「いつもの時間」を楽しみに待ちます。また、いつもメールする時間に返信しないだけで、男性から心配してもらうことができます。

  • 【4】翌日、返信する。

    当日中にメールが来なかったため、男性はメールの返信が来たこと自体に喜びます。しかし、男性がメールを送ったテンションと返信をもらった際のテンションが変わっている場合があるので、メールの文体のテンションには、注意した方が良さそうです。

  • 【5】数日経ってから連絡する。

    男性に気がないことをアピールし、突き放すことになります。このような対応がキッカケとなり、男性からの連絡も少なくなり、疎遠となる恐れがあります。

LINE・メールの返信はタイミングによって、様々な影響を与えると考えられます。みなさんは、返信タイミングの効果をどのように理解し、実践しているのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock