荷物を持ってもらう方法5パターン


重い荷物を持っているとき、一緒にいる男性に手を貸してもらいたいものです。それでは、男性に荷物を持ってもらうためには、どのような行動を起こせば良いのでしょうか。今回は、「荷物を持ってもらう方法5パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】荷物を重そうに持つ。

    男性が自発的に「助けてあげよう。」と思えるような演技力が必要となります。

  • 【2】男性に近い方の手で荷物を持つ。

    男性の視覚に入るように荷物を持ち、アピールする方法です。男性に荷物がぶつかるリスクがあるので注意が必要です。

  • 【3】「重いよー。」とアピールする。

    「持ってほしい。」と直接的に表現せずに、「重いよー。」とアピールし、男性の気遣いを待つパターンです。「持ってほしいなら、ハッキリと頼め。」と考えている男性もいるので、荷物を持ってもらえないリスクもあります。

  • 【4】「重いから持って?。」と頼む。

    ストレートに頼む方法です。女の子に頼られることに喜びを感じる男性の場合は、喜んで持ってくれるでしょう。

  • 【5】「女の子にこんな重い荷物を持たせる気なのー?」と言い放つ。

    冗談を交えて、男性を指導するパターンです。仲の良い男性であれば、このように伝えることも可能となります。

男性に荷物を持ってもらいたいとき、みなさんはどのように振る舞っているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock