成功者から学ぶ! 美容師さんの連絡先を聞く方法3パターン


華やかな職業「美容師」。担当してもらった美容師にウットリして、連絡先を聞きたくなる瞬間もあるのでは? そこで今回は、美容師さんとの連絡先交換を成功した方の情報を元に、「美容師さんの連絡先を聞く方法3パターン」をまとめました。

  • 【1】「連絡先、教えて。」とストレートに伝え、連絡先を教えてもらう。

    「これができれば苦労しないよ...」という声が聞こえてきそうですが、「連絡先、教えて。」とストレートに伝え、連絡先を獲得している方もいるようです。なお、連絡先を教えて貰える場合、美容師さんがケータイ番号やメルアドなどを紙に書いて渡してもらえるようです。確かに、美容師さんは仕事中なので、携帯の赤外線機能を使って、番号交換することは難しいのでしょう。

  • 【2】飲食店の話題で会話が盛り上がった後、連絡先を渡す。

    「一緒に食べる相手がいない。」と寂しさをアピールしたり、お店を紹介された場合に、「今度、連れてってくださいよ。」とアプローチするパターンです。「飲食店を紹介する」「一緒に行く」などの「用件」を作っておくことで、連絡先を渡された美容師さんが連絡しやすい環境を作り出すことができます。

  • 【3】お土産と共に連絡先を書いた紙を添える。

    お土産と連絡先をセットで渡すパターンです。お土産を渡すことで、改めてお礼のメールをもらう作戦です。連絡先を受け取った美容師さんが「お礼のメールを送る」という流れを作り出すことが可能となります。

お客さんとの連絡先交換を禁止しているお店もあるので、断られるリスクもご考慮しておく必要はありそうです。また、美容師さんと連絡先を交換した経験のある方や美容師のお仕事をされている方のご意見もお待ちしております。
Photo:All images by iStock