本命チョコのメッセージカードに関する9つのポイント


手書きのメッセージカードを添えて本命チョコを渡す方もいらっしゃると思います。他の人は、メッセージカードに何を書き、渡す際にどのような注意を払っているのでしょうか。今回は、ひたすら女性に話を聞くというアナログな独自の調査から、「本命チョコのメッセージカードに関する9つのポイント」を見出しました。皆様のご参考になれば幸いです。

  • 【1】可愛いメッセージカードを選ぶ。

    やはりビジュアルは大事です。メッセージカードのデザインは、妥協せずに選んでください。

  • 【2】手紙はひとりで読んでもらう。

    メッセージカードは男性ひとりで読んでもらいましょう。時間をおいて男性がひとりで読んでも貰うことで、男性に噛みしめて読んでも貰うことができます。また、「チョコを渡した感動」と「手紙をひとりで読んだ時の感動」の二回の感動を提供することも可能となります。この多発的な感動が男性の心を揺さぶることになります。

  • 【3】一緒に過ごすバレンタインデーの回数について。

    「今年は初めてのバレンタインデーだね。」「今年で3回目のバレンタインデーだね。」と一緒に過ごすバレンタインデーの回数について記載するパターンがあります。付き合っている男性には有効かもしれません。メッセージの書き出しで記載する方も多いようです。

  • 【4】自分の努力や心理状況について。

    「頑張って、手作りチョコを作っちゃいました。」「張り切って、手作りチョコを用意しました。」「愛情込めて、チョコを選びました。」など用意したチョコについてのコメントやそれに伴う自分の努力や心理状況について伝えるパターンです。ちょっとワザとらしい記載ですので、ご自身のキャラクターによって使い分けください。

  • 【5】今までの楽しい思い出について。

    最近のデートについての感想や去年のバレンタインデーにおける思い出など、過去について情報とその感想を伝えるパターンです。

  • 【6】普段の感謝の言葉を伝える。

    「いつも楽しいデート、ありがとう。」「いつも話を聞いてくれて、ありがとう。」など、「いつも、ありがとう。」というメッセージを伝えるパターンです。普段、伝えられない感謝の気持ちを伝えてみましょう。

  • 【7】普段言えない感情をストレートに表現する。

    普段、感情表現しない女性こそ、このような機会を通じて「好きです。」とストレートに感情を伝えているようです。メッセージカードという特殊な環境だからこそ、素直になれるのかもしれません。是非、挑戦してみはいかがでしょうか。

  • 【8】これからの二人の関係性について伝える。

    「これからも仲良くしようね。」「これからも楽しい場所、一緒に行きたいね。」など、これからの二人の関係性について伝えるパターンです。メッセージに終盤に記載することが多いようです。ご自身の「願い」や「希望」について、書いてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】ホワイトデーのお返しについては言及しないこと。

    冗談でも、「ホワイトデーは倍返しだよ。(笑)」と伝えることは控えるようにしましょう。些細な冗談でもあっても、男性は真剣に受け止め、「ホワイトデーは頑張らないと・・・」と義務感を感じることになります。大切なことは、男性の自発的な行動です。男性が心から「ホワイトデーのお返しは、がんばりたい。」と思えるように、男性が喜ぶことをひたすら与え続けましょう。

みなさんは、今年の本命チョコにはどのようなメッセージを送るのでしょうか。参考になれば幸いです。
Photo:All images by iStock